イタリア人と結婚しちゃいました♡#69~フランスの結婚式に出席!~

demetrius-washington-689807-unsplash

Ciao a tutti!イタリア旦那を持つ、イギリス在住ライターのDiGioです。

実は、2か月前にフランスの結婚式に行ってきました。フランス人と日本人のカップルの方たちだったのですが、とっても素敵で、日本ではなかなか見られないイベントや演出もあったので、今日は紹介したいと思います♡

歌はみんなで歌う

これはキリスト教徒の結婚式ではあるあるかもしれませんが、キリスト教の挙式の場合は聖歌や挙式中で使用する曲など、歌が登場するシーンが良くあります。

ハレルヤやアヴェマリアなど挙式に出てくることはよくあるのですが、その際はみんなで歌うことがよくあります。みんなというのは、挙式に参加している出席者全員です。そのため私も歌ったわけですが…結構恥ずかしんですよね~、コレ(笑)

しかも何んとなくしか知らないので、今回もいつもの通り、なんとなく口ずさんでいるように歌いました(笑)

メッセージカードをバルーンにつけて…

挙式が無事に済んだあと、こんなの初めて!という面白いイベントがありました。

それは、みんなでメッセージカードをバルーンにつけて飛ばすというものでした。しかも、ただ飛ばすだけではないのです。

そのメッセージカードは出席者が新郎新婦に宛てて書くのですが、そのフランスのエリアではそのカードを見つけた人はその人も祝福のメッセージを一緒に添えて、切手を付けてポストに投函してあげるというのが習わしだそうです。

そのため、全カードは難しいと思いますが、ちゃんとメッセージカードが人に渡れば後日新郎新婦のもとに届くということがあるわけです。

実際に、その後何通か家に届いたそうで、とても喜んでいました。新郎新婦にとっては、結婚式の後の楽しみも増える素敵なイベントですね♡

フォアグラとワインは絶品!

フランス料理といえばフォアグラ、フォアグラといえばフランス、といってもいいほど世界的にも有名な珍味!フォアグラ!

結婚式のお料理にもやっぱり登場しました♡そしてやっぱりおいしい~!!

フランスでは「クリスマスやお祝い事などにでてくるご馳走」というのがフォアグラのイメージだそうですが、臭みもなくすごく甘くて濃厚で美味しい♡フォアグラというとステーキのようにして食べるイメージがありましたが、結婚式ではパンにバターのようにフォアグラを塗って頂きました。

また地元で作られている白ワインもすっごく甘くて、フォアグラとよく合って素晴らしかったっです~…♡普段はあまりお酒など買って帰りませんが、今回はイギリスに持って帰ってきました♡

フランス人の方に聞きましたが、やっぱりフランスでもワインは地元のものを味わうのが一番だそうです!フランスにはあちこちにワインの産地があるので旅行に来た際は是非、その土地のワインを楽しんでみてください♡

セクシーイベント!ガータートス!

このイベントも初見でしたが、ヨーロッパ発祥といわれる結婚式の大事な行事「ガータートス」!

ブーケトスなら日本でもよく聞きますが、ガータートスとは、花嫁が太ももにつけているガーターリングを花婿がとり、ブーケと同じように後ろ向きで投げるというものです。また受け取る人も独身男性で、簡単に言うと、ブーケトスの男性バージョンですね。

しかしながら、ちょっと驚くべくところは、花婿が花嫁からガーターリングを取るときは基本、手を使わずに口でとるというのが伝統的なやり方になっています。

もちろん、花嫁はウエディングドレスを着た状態でいるので、そのドレスの下から花婿が頭を突っ込むという形になるわけで……結構セクシー!(笑)

恥ずかしい新郎新婦は手で取ってもOKとしている場合もあるようですが、手で取るにしても手をい突っこむわけですから、 ガータートスは日本人にとっては結構刺激の強いイベントかもしれませんね。


イタリアと日本でしか挙式に参加したことがなかったので、今回のフランスでの結婚式は私にとってもいい思い出となりました♡国によって結婚式の様子が違うので、とってもおもしろいですよね。

ではまた次回!Ciao ciao♡

▼あわせて読みたい記事はこちら

あなたにオススメ記事

関連記事

ページ上部へ戻る