イタリア人と結婚しちゃいました♡#13~ヨーロッパ、イタリアの結婚観②~

イタリアの結婚観

Buon giorno♡イギリス在住、旦那はイタリア人の新妻ライターのDiGioです♪

前回に引き続き「ヨーロッパ、イタリアの結婚観パート2」をお届け♡

今回は私がイギリスに住む前に暮らしていた、イタリアの結婚観を中心にご紹介します。

前回のコラムを読まれていない方はこちらから読んでいただけると、さらに楽しめると思います♡(前回の記事はこちら

イタリア人は結婚に対してかなり慎重?

前回はヨーロッパ人が、日本人に比べると結婚に対してあまり重く受け止めずに「したいときにできればいい」とかなり楽観的な考えを持つ人が多いという紹介をしましたが、イタリアの若者もそれと同様な考え方を持っている人が多く見受けられます。

しかし、イタリアには他のヨーロッパ諸国とはちょっと違った結婚に対する考え方も持っています。

それは、「結婚するなら相手は慎重に選ぶ!」という所です。

イタリア男性と言えば日本人からすると、明るくてユーモアもあり、悪く言うと女性関係に対しては軟派な印象も受けるイメージをもつかたも多いと思いますが、意外や意外、イタリア人は結婚に対してとても慎重です。

付き合う年数は、結婚相手ともなれば5年以上は当たり前、10年ほど付き合うカップルも沢山います。

ちなみに私と旦那様は付き合って3年半で結婚しましたが、まわりから祝福と一緒に「本当に結婚していいの?」という言葉を何人にも受けました。

couple-1853499_640

どうしてこんなにもイタリア人は結婚に対して慎重かというと、それはイタリア人は「キリスト教徒」の考え方を大切にしているからだと思います。

国民の殆どがカトリック系のキリスト教徒であるイタリアでは、聖地バチカンもあるためか、ほかのヨーロッパ諸国に比べると宗教の教えを守り、信じる若者たちが未だに多いようです。

「結婚」はキリスト教徒が作り上げた大切な法律。

教会で行われる婚姻の儀式では、「これからの人生はもちろん、死後の世界でも2人一生に支え合いながら愛し合う」という誓いを交わさなければなりません。

死後の世界まで約束しなければいけないなんて、イタリア人にしたら結婚って相当強い覚悟で臨まなければならないんですね・・・。

ちなみに、仮に離婚してまた別の相手と再婚する場合でも、すでに儀式の中でこの誓いを前妻と交わしている場合は、死後の世界では再婚相手ではなく前妻と過ごさなければならないということになっているそうです・・・再婚も一苦労なんです。

rome-1945033_640

イタリアでは離婚も大変!

イタリアでは結婚に対して慎重になる理由がもう一つあります。

それは「離婚する手続きがとても大変」だからです。

前述の通り、キリスト教の聖地でもあるイタリアでは結婚においてキリスト教徒の考え方を大切にしているため、本来キリスト教徒の教えでは「離婚は出来ない」とかなり真面目に捉えている人が多いです。

実はイタリアで離婚制度ができたのは1975年と、本当につい最近の話なのです。

またその制度も日本に比べると複雑で、いきなり離婚できるわけではなく、3年以上は別居生活をしてお互いに考える時間を設けた上でやっと離婚の手続きを法的に進めることができるという仕組みになっています。

まあ、なんともめんどくさい。。。笑

結婚する前から、離婚のことを考えるのもどうかとは思いますが、このような制度があるとわかっていれば結婚に慎重になるのも仕方がないような気がしますね。

wedding-322034_640

いかがだったでしょうか?こんなに宗教的考え方が根付いているイタリア!ちょっと驚きですよね。

では次回は「国際結婚をする前に考えておかなければならないこと!」について私なりにお話ししようと思います♪

彼氏が外国人のあなたも、これから外国人彼氏を探したいあなたも是非ご覧ください♡

あなたにオススメ記事

関連記事

ページ上部へ戻る