ヤングキャリアの転職事情!今、“新しい職場”に求めることは?

Young people work in modern office.

コロナ禍によって、仕事観や転職意識にはどんな変化があったのでしょう。ここでは、職歴3年以上の20代に『転職意識』を調査(※)してみました。

※情報提供元(外部リンク):【20代意識調査】職歴3年以上の20代は、コロナ禍で仕事内容を重視?新しい職場に求めることは「仕事内容にやりがいがある」が最多。前年調査で最多の「給与・年収アップ」「良好な人間関係」は順位を下げる。/株式会社学情

求めるのは『やりがいのある仕事』

ヤングキャリア(職歴3年以上の20代)が、転職する際に新しい職場に求めることを尋ねてみました。

main

その結果、以下のような回答が得られました。

1位:仕事内容にやりがいがある(35.9%)

2位:給与・年収アップ(35.3%)

3位:良好な人間関係(30.7%)

4位:スキルを身に着けて成長できる(27.5%)

5位:プライベートな時間の確保(24.2%)

『仕事内容にやりがいがある』が最多となり、前年調査で最多だった『給与・年収アップ』『良好な人間』という回答は、ともに順位を落とす結果となっています。

コロナ禍は、成長する産業や働き方そのものに大きな変化をもたらしました。これまでになかった環境の変化が、仕事観を変化させたと考えられています。

『給与・年収アップ』が転職理由

続いて、転職する理由にはどんなものが挙げられるのかを調査しました。

sub1

結果は次のとおりです。

1位:給与・年収をアップさせたい(37.3%)

2位:もっとやりがい・達成感のある仕事がしたい(32.0%)

3位:幅広い経験・知識を積みたい(18.3%)

3位:希望の勤務地で働きたい(18.3%)

3位:市場価値を高めたい・ステップアップしたい(18.3%)

『給与・年収をアップさせたい』という回答は、前年よりも約6ポイントも減少しているものの、2021年調査でも最多の転職理由となりました。

前年よりも回答を伸ばしたのは、『ほかにやりたい仕事ができた』(第9位・12.4%)。なんと7ポイントも増加しています。

また『感染症対策に不安があった』(9.8%)や『テレワーク可の企業で働きたい』(9.8%)という理由も1割弱の回答を集めており、新型コロナウイルス感染症の拡大を直接の理由にして転職を希望する20代も一定数いることが分かりました。

転職で『キャリアチェンジ』を実現

最後に、転職で実現したいキャリアについてリサーチしました。

sub2

『キャリアアップ』『どちらかと言えばキャリアアップ』と答えた割合は39.2%。『キャリアチェンジ』『どちらかと言えばキャリアチェンジ』と回答したのは50.4%。

つまり、転職で実現したいのは『キャリアチェンジ』(経験と異なる業種・職種で転職をすること)であり、『キャリアアップ』(同業種・同職種で転職し年収アップを図る)を11ポイント以上も上回る結果となりました。

コロナ禍で多くの企業が苦境に立たされている中、新しい業種・職種に挑戦して、少しでも安心・安定したいという意向が推察されます。


現職場には『給与・年収』に不満があり、新しい職場には『やりがい』を求めていることが垣間見えた結果。『やりがい』を感じられる職業と出会い、キャリアアップを重ねられることがヤングキャリアが望むことだと言えそうです。

【調査概要】
調査対象:[20代専門]転職サイト「Re就活」へのサイト来訪者
調査方法:「Re就活」にアクセスしたサイト来訪者に、アンケートのポップアップを表示
調査期間:2021年3月1日~2021年3月14日
有効回答数:790名

▼あわせて読みたい記事はこちら

あなたにオススメ記事

関連記事

ページ上部へ戻る