脳腸ダイエットって知ってる?2019年の最新ダイエット事情!

jernej-graj-656657-unsplash

夏が近づいて薄着になると、「ちょっとダイエットしようかな」と感じる女性も多いのではないでしょうか?

糖質オフダイエットや炭水化物抜きダイエットなど、様々なダイエット方法が登場する中、2019年にブームになると言われているのが「脳腸ダイエット」です。脳腸ダイエットとはどのようなダイエットなのでしょうか?詳しくご紹介していきます!

脳腸ダイエットとは?

gesina-kunkel-1506233-unsplash

脳超ダイエットとは、欧米の学会などでも話題に出ることが増えているという「脳腸相関」にフォーカスしたダイエット法です。「脳腸相関」は、脳と腸は互いに情報を交換し合い影響を与え合っているという意味です。

脳と腸が密に関連し、「緊張するとお腹が痛くなる…」といった例に代表されるように、脳で感じたことは腸に伝わります。逆に腸の不調も脳に伝わる仕組みも示唆されており、お腹の不調が長く続くと、イライラするなど心の不調につながることもあります。そんな「腸と脳は血管や神経を介して繋がっていて、互いに影響し合う」という、脳腸相関に着目したのが「脳腸ダイエット」です。

脳腸のサイクルを整えることで肌や体はもちろん、自律神経のバランスや心のコンディションをも良好にし、ダイエットの継続と効率アップを目指します。

脳腸ダイエットはどんなことをするの?

良質な食事や睡眠をとってストレスを溜めにくい生活を送ることを大前提に、腸に効くエクササイズを取り入れます。そのエクササイズを提案しているのが、自らも健康的に15kg痩せることに成功した経験をもとに、雑誌、テレビ、ラジオ、セミナーなどに多数出演している和田 清香(わだ きよか)さんです。

<頭スッキリ!集中力も上がる!逆立ち>

img_182253_6

(やり方)
初心者は無理をせず、簡単な逆立ちからトライ。壁を背にして両手を床につき、壁に足をつけて少しずつ上に移動します。頭からかかとまで一直線になるようにするのがコツ。上級者は、壁を使った通常の逆立ちを。いずれも、逆立ちの状態でゆっくりとした呼吸を5回行います。慣れてきたら徐々に回数や時間を延ばしていきましょう。

(効果)
普段の状態とは反対方向に重力がかかることで、血液や酸素が全身や脳に回りやすくなるうえ、大腸や小腸も刺激されます。また、深く呼吸を行うことで、体温&代謝がアップ。頭がスッキリし、集中力がわいてきます。

<便秘、イライラ、むくみも解消!ねじりエクササイズ>

img_182253_7

(やり方)
脚をクロスさせた状態で、上半身を左右にねじり、その状態のまま深い呼吸を4~5回繰り返します。クロスする脚を入れかえ、同様にねじりと呼吸を繰り返します。

(効果)
股関節まわりのストレッチ効果が高まるポーズ。ねじりの動作で腸を刺激。腸の蠕動運動を促してお腹のコンディションを整えます。また、深い呼吸を繰り返すことで、自律神経のバランスを整え、イライラや冷えなど、自律神経の乱れから起こる不調の軽減にも役立ちます。

<食事では発酵食品がおすすめ!>

ihssan-rami-azouagh-1620474-unsplash

発酵食品は腸内環境を整える作用があることから、納豆、ヨーグルト、キムチ、チーズなどを積極的に取り入れるのがおすすめです。

納豆は1日1パックが最適で(参照)、ヨーグルトは1日200gを2週間摂り続けると一定の効果が出るといわれています(参照)。


今年ブームになりそうな「脳腸ダイエット」。食事制限をしたり、激しい運動をするわけではないので、挑戦しやすいダイエットではないでしょうか♡

ダイエットは思い立ったら吉日!ぜひ今日から始めて、この夏は自信のスタイルで楽しんじゃいましょう!

▼あわせて読みたい記事はこちら

あなたにオススメ記事

関連記事

ページ上部へ戻る