大人が観たいアニメ映画3選!デートで映画に行こう【2019年6〜7月公開】

cinema-4153289_1280

「君の名は。」の大ヒット以来、アニメーション映画に大人も大注目!俳優さんの好みがない分、アニメはカップルでの映画デートにも選びやすいのではないでしょうか。

この夏も続々とアニメーション映画が登場予定です!そんな中、大注目の作品を3つピックアップ。どの作品も豪華なキャストが声優をつとめ、今から期待が高まります♡

海獣の子供/6月7日公開

自分の気持ちを言葉にするのが苦手な中学生が主人公・琉花。夏休み初日部活でトラブルを起こし、母親とも距離を置いていたことから、長い夏の間、学校でも家でも自らの居場所を失うことに。そんな中、父が働いている水族館へと足を運び、目の前で魚たちと一緒に泳ぐ不思議な少年“海”と、その兄“空”と出会う。そして琉花の父はこう言った「彼等は、ジュゴンに育てられたんだ。」――。彼らに出会ったことをきっかけに、琉花の生命に触れる物語が始まる。

主人公・琉花の声の芦田愛菜ほか、稲垣吾郎、蒼井優、渡辺徹……と豪華なキャストが揃います。”海”の声は、映画『リメンバー・ミー』の主人公ミゲルの日本語吹き替えを演じた石橋陽彩、”空”の声はNHK大河ドラマ「真田丸」で真田幸村の嫡男・大助を演じた浦上晟周、と若手も実力派揃い。

監督は、TVシリーズ「ドラえもん」で原画・作画監督・演出など多岐にわたって活躍、劇場短編『おばあちゃんの思い出』(00)、劇場長編『ドラえもん のび太の恐竜2006』(06)なども手がけた渡辺歩監督。「宇宙兄弟」「逆転裁判 ~その『真実』、異議あり!~」など人気アニメ映画の監督もつとめています。

また、音楽にも注目が集まり、それを担うのは、今や日本にとどまらず世界的作曲家である映画音楽界の巨匠・久石譲。長編アニメーション映画を手掛けるのは、スタジオジブリ制作の『風立ちぬ』、『かぐや姫の物語』以来6年ぶりとなります。

まさに、異才たちの才気が結晶化した“唯一無二のアニメーション映画”となっています。

【海獣の子供】
2019年6月7日(金)ロードショー
https://www.kaijunokodomo.com/

きみと、波にのれたら/6月21日公開

海辺の街を舞台にした、消防士の青年・港(みなと)とサーファーの大学生・ひな子との、運命的な恋を描くラブストーリー。大学入学を機に海辺の街へ越してきたひな子。サーフィンが大好きで、波の上では怖いものなしだが自分の未来については自信を持てずにいた。ある火事騒動をきっかけに、ひな子は消防士の港(みなと)と出会い、二人は恋に落ちる。お互いがなくてはならない存在となった二人だが、港は海の事故で命を落としてしまう。大好きな海が見られなくなるほど憔悴するひな子が、ある日ふと二人の思い出の歌を口ずさむと、水の中から港が現れる。「ひな子のこと、ずっと助けるって約束したろ?」再び会えたことを喜ぶひな子だが…。二人はずっと一緒にいることができるのだろうか?港が再び姿を見せた本当の目的とは?

ラブストーリーにふさわしい、今をときめくキャスト陣が集結した本作。“港”役に、GENERATIONS from EXILE TRIBEのボーカル・片寄涼太、港と恋に落ちるヒロイン“ひな子”役に川栄李奈、港の妹・洋子役にはテレビドラマ「この世界の片隅に」でヒロインを演じた松本穂香、港の後輩消防士・川村わさび役には「今日から俺は!」のツッパリ・伊藤役で大ブレークを果たした伊藤健太郎が抜擢。俳優としても主役級の面々が声優をつとめます。

監督は、日本アカデミー賞最優秀アニメーション賞受賞作品『夜は短し歩けよ乙女』(17年)を手がけた、世界が注目するアニメーション監督である湯浅政明監督。「したたかに生きなければという世の中で、純粋な主人公を波にのせてあげたいと思った」とと語ります。

主題歌はGENERATI0NSが担当。本作のために書き下ろされた「Brand New Story」は物語のキーとなる曲として、作品をドラマティックに彩ります。

自分に自信を持てない人の背中をそっと押してくれるーーそんなあたたかい青春ラブストーリーです。

【きみと、波にのれたら】
2019年6月21日ロードショー
https://kimi-nami.com/

天気の子/7月19日公開

「あの光の中に、行ってみたかった」――。高1の夏。離島から家出し、東京にやってきた帆高。しかし生活はすぐに困窮し、孤独な日々の果てにようやく見つけた仕事は、怪しげなオカルト雑誌のライター業だった。彼のこれからを示唆するかのように、連日降り続ける雨。そんな中、雑踏ひしめく都会の片隅で、帆高は一人の少女に出会う。ある事情を抱え、弟とふたりで明るくたくましく暮らす少女・陽菜。彼女には、不思議な能力があった。「ねぇ、今から晴れるよ」少しずつ雨が止み、美しく光り出す街並み。それは祈るだけで、空を晴れに出来る力だった――。

この夏公開される全ての映画の中でも最も注目が集まる作品といっても過言ではない、『君の名は。』を生み出した新海誠監督の最新作。新作『天気の子』は、天候の調和が狂っていく時代に、運命に翻弄される少年と少女が自らの生き方を「選択」するストーリーになっています。

声優には、2000人を超えるオーディションの中から選ばれ、醍醐虎汰朗が主人公・帆高を、森七菜がヒロイン・陽菜を演じます。

そして期待が高まるのは、主題歌。『君の名は。』で「前前前世」や「なんでもないや」の楽曲を提供したRADWIMPSが、新海誠監督と再タッグ。「愛にできることはまだあるかい」ほか、複数の主題歌を含む全ての音楽をRADWIMPSが担当します。

この夏、アニメーション映画界にまた新たな感動をもたらすこと間違いなしな大注目作品です。

【天気の子】
2019年7月19日ロードショー
https://www.tenkinoko.com/


2019年6月と7月に公開されるアニメーション映画の中から3作をご紹介しました。どれもヒットの予感、そして大感動の予感!

デートの時に大きなスクリーンで観てみてはいかがでしょうか♡

▼あわせて読みたい記事はこちら

あなたにオススメ記事

関連記事

ページ上部へ戻る