新海誠監督最新作『天気の子』公開前に!君の名は。の聖地をもう一度巡ろう

main1

2019年7月19日(金)の公開が待ち遠しい、新海誠監督の新作長編アニメ映画『天気の子』。離島から東京へ出てきた男子高校生と天気を操る不思議な少女の恋物語となっているそうです。

そして音楽を担当するのは、前作『君の名は。』と同じくRADWINPS。映像と音楽、さらに声の出演の皆さんの個性的な演技がまた新たな新海ワールドを作り出し、私たちの心に深く入り込んでいくことでしょう。

さて、そこでもうすでに3年も前の公開となります、その新海監督の前作『君の名は。』のことが思い起こされますね。東日本大震災への鎮魂の思いも刻まれていたこの作品ですが、ストーリーの大事なところで舞台となった場所が、ファンにとっての聖地として取り上げられ、多くの皆さんが実際に訪れました。

ここではその『聖地』をもう一度振り返ってみたいと思います!※ストーリーの展開順とはなっていません。

君の名は。聖地巡礼<東京>

スターバックス・コーヒー SHIBUYA TSUTAYA


この投稿をInstagramで見る

@cocomoca0115がシェアした投稿


ハローウィンの喧騒でも有名なあの渋谷のスクランブル交差点を2階から見下ろすことができる、スターバックス・コーヒーSHIBUYA TSUTAYA店。映画では、奥寺先輩と瀧(実は三葉?)がとても仲良さそうに会話が弾んで大成功のデート(女子会?)となった場所でした。

しかし現実には、場所柄、時間によってはずっと席が埋まっていてなかなかゆっくり過ごすことができないかもしれません。

住所:東京都渋谷区宇田川町21-6  QFRONT1F/2F
営業時間:6:30~28:00
アクセス:JR、東急、京王井の頭、東京メトロ各線渋谷駅から徒歩すぐ。ハチ公像を撮影するときにちょうど背景になります
 
 
六本木・国立新美術館 サロン・ド・テロンド


この投稿をInstagramで見る

JENJENさん(@718tama)がシェアした投稿


打って変わって、このときは奥寺先輩と(本物の?)瀧がデートしたのはいいのですが、なんともぎこちなく、見ている私たちが頭を抱えてしまったという場面でした。でも瀧は高校生ですからね、そんなにうまくは出来ませんよね。

「サロン・ド・テロンド」は言葉どおりに、宇宙ステーションのような、空間に浮かんでいるような円形のサロンです。大人なデートや女友達とゆっくり過ごすにはふさわしい場所ですね。

住所:東京都港区六本木7-22-2 2F
営業時間:11:00~18:00(ラストオーダー17:30)、金曜日は19:00迄(ラストオーダーは18:30)
定休日:火曜日(祝日の場合は翌日に振り替え)
アクセス:東京メトロ千代田線乃木坂駅6出口直結。東京メトロ日比谷線・都営地下鉄大江戸線六本木駅7出口より徒歩約4分
 
 
新宿・La Boheme 新宿御苑


この投稿をInstagramで見る

kiki_drosさん(@kiri_dros)がシェアした投稿


瀧がアルバイトをしていたイタリアレストランである『IL GIARDINO DELLE PAROLE』のモデルとなったカフェです。そして奥寺先輩や藤井君、真太君などもここで一緒に働いていたのですね。

「La Boheme(ラ・ボエム)」の実際の店内は、高い天井に下げられたシャンデリアが印象的です。

住所:東京都新宿区新宿1-1-7 コスモ新宿御苑ビル1F/2F
営業時間:平日 11:30~23:30   土日祝 11:00~23:30
アクセス:東京メトロ丸の内線新宿御苑駅2番出口から徒歩約5分
 
 
新宿・須賀神社と階段

9a03dc82b3e6d1b962b9e910dfaab918_s

『君の名は。』のラストシーンとなっているあの名シーン。階段を降りる三葉と昇る瀧。一度はすれ違ったものの、お互いの頭の奥がスパーク。「やっと会えた」。

その場所が、須賀神社の境内へ続く階段でした。階段自体が『聖地』であり、またこの須賀神社も『聖地』となったのです。巫女であった三葉ですから神様が導いてくれたということに縁を感じますね。またこの場面をつくり、この物語をハッピーエンドにしてくれた新海監督作品の奥深さを感じます。

住所:東京都新宿区須賀町5番地
アクセス:東京メトロ丸の内線四谷三丁目駅から徒歩約3分

君の名は。聖地巡礼<岐阜>

飛騨市・飛騨古川駅

587f70703ca6db6d1c43adae2f02db08_s

『君の名は。』の聖地巡礼で語らずはいられないのが、JR東海の最北端の有人駅「飛騨古川駅」です。名古屋駅から特急で2時間半ほどのところとなります。

瀧が三葉を捜してこの駅に降り立ち、「糸守湖」についてタクシー運転手に尋ねていましたね。跨線橋から線路を見下ろし、遠い山間の風景と共に映す映像が印象的でした。映画と同じように電車が停まっている時刻を駅内に掲示してくれています。

住所:岐阜県飛騨市古川町金森町
 
 
飛騨市・飛騨市図書館


この投稿をInstagramで見る

keiさん(@kakarot1217)がシェアした投稿


瀧が「糸守」や「彗星落下」について調べていた、古川図書館のモデル「飛騨市図書館」

実際の飛騨市図書館は館内の撮影も認められているそうですが、係りの方の許可を得た上で、注意事項を遵守してください。

住所:岐阜県飛騨市古川町本町2-22
開館時間:9:00~20:00(日曜日は17:00まで)月曜休館
アクセス:飛騨古川駅から徒歩約5分
 
 
飛騨市・宮川町落合バス停

052509a55791840d34092d3e9a40497c_s

瀧、奥寺先輩、藤井君の3人が、疲れてバスを待ったバス停。情報を得られず落胆する瀧をふたりが励ましていましたね。なんということもない、地方によくある屋根付きのバス停です。

1時間に1本か2本のバスを待つといったところですが、瀧がベンチに座って三葉を思う大切なシーンを思い起こすことができるでしょう。『聖地巡礼の旅』ではこのなんでもないようなバス停でさえ深く息づいていることを思わずにはいられないのですね。

住所:岐阜県飛騨市宮川町落合
アクセス:飛騨古川駅から高山本線下り線(富山方面)の3駅目となる角川駅下車、徒歩約20分(現在はバス停としては使われていません。地元の学校のスクールバスの待合場所となっているようです。)
 
 
飛騨山王宮日枝神社


この投稿をInstagramで見る

tomoさん(@photomo8289)がシェアした投稿


三葉の家でもありまた巫女として神に仕えていたところでもある「宮水神社」。そのモデルとされている神社は2か所あるようです。

そのひとつが「飛騨山王宮日枝神社」です。赤い鳥居と幅の広い階段が映像化されているように見えますね。

住所:岐阜県高山市城山156
 
 
気多若宮神社


この投稿をInstagramで見る

na.sh.jpさん(@na.sh.jp)がシェアした投稿


「宮水神社」のモデルとされているもうひとつの神社が、「気多若宮神社」です。瀧がスケッチの絵を見せながら、地元の人に尋ねていた階段の下が再現できます。

住所:岐阜県飛騨市古川町上気多1297

君の名は。聖地巡礼<その他の地域>

長野県・諏訪湖、立石公園

e3ded160c00baec4d254ee874e66e9b1_s

山に囲まれた盆地の中にあるほぼ円形の湖「糸守湖」。そのモデルは長野県の諏訪湖ではないかとされています。諏訪湖を一望できる立石公園からの眺めが、劇中の「糸守の挿絵」にそっくりということなのですね。

劇中、三葉の教室では古文の時間に、美しいユキちゃん先生が万葉集から「黄昏」を説いていましたが、諏訪湖の向こうの山に太陽が沈む瞬間の神秘的な光景は、まさにその黄昏時の美しさを教えてくれるのですね。

住所:長野県諏訪市大字上諏訪10399番地

JR上諏訪駅から車で約10分

 
 
広島県・基町高校


この投稿をInstagramで見る

okyoさん(@youhei_okuno)がシェアした投稿


瀧の通う「神宮高校」は、広島県広島市の市立基町高校がモデルとなっているようです。2000年に竣工した新校舎は、京都駅や大阪梅田スカイビルなどを設計した建築家・原広司氏による超モダンなデザインです。教室が上階にあり吹き抜けをエスカレーターを使って昇るのです。天空の回廊といった趣でしょうか。

学校なので訪問ができないため、インターネット上の写真などで楽しみましょう。


映画『君の名は。』のシーンで使われた場所のモデルとなった聖地をご紹介しました。

もしも、実際に飛騨市まで行ったとして、お腹が減ったらどうしましょう。飛騨牛ステーキに舌鼓というのももちろんありなのですが、高山の「甚五郎ラーメン」もおすすめです。劇中にも高山ラーメンが出てきましたよね。しょうゆ味が効いていて、すこし油がこってり気味。地元の人はおやつ代わりにしているようで、ネギとチャーシュウが乗った、シンプルで味わい深いラーメンです。かつて神岡鉱山で働いていた人たちがしょっぱい味を求めて出来たこのラーメン、お土産用の物も用意されていますから是非お試しください。

と補足もお伝えしましたが、『天気の子』の公開に合わせて、もう一度『君の名は。』の世界を堪能してみてはいかがでしょうか。

 

映画『天気の子』
2019年7月19日(金)全国ロードショー
https://www.tenkinoko.com/

https://www.tenkinoko.com/

▼あわせて読みたい記事はこちら

あなたにオススメ記事

関連記事

ページ上部へ戻る