夜の美術館でうっとりリラックス。夏の金曜限定ナイトミュージアム5選【東京】

sub3

令和元年、今年の夏は7月を半分過ぎてもまだ夏を感じられていない今日この頃。でも、気分は夏を満喫したくてうずうずしている人も多いのではないでしょうか?

「夏らしいことをしたい!」そんな人におすすめなのが、ナイトミュージアムです♡東京都内にある5つの美術館では、夏の金曜日限定で開館時間を延長しているんです!金曜日のお仕事帰りにデートで訪れてもよし、ひとりでおとずれてもよし、な5つの美術館をご紹介します。

①東京都美術館

sub4

大正15年、日本初の公立美術館として開館した上野にある「東京都美術館」。ゴッホ展、ブリューゲル展、ムンク展、クリムト展など、世界的有名画家の企画展を過去に開催するなど、美術好きはチェックを欠かせない美術館です。館内にはカフェとレストランが併設されているほか、上野動物園や東京国立博物館を有する上野恩賜公園内にあります。観覧後は、上野公園の不忍池を歩いて夜のお散歩デートをするのもオススメです♡

【東京都美術館のサマーナイトミュージアム】

●7月26日(金)~8月30日(金)の金曜日21:00まで夜間特別開館

●17:00以降の入場で、学生無料/一般は団体料金適用(要証明)

●企画展「伊庭靖子展 まなざしのあわい」が開催中

●ミュージアムショップも21:00まで営業。特典として、17:00以降商品お買い上げのお客様にミニプレゼント(なくなり次第終了)

●カフェ「cafe Art」、レストラン「RESTAURANT MUSE」、レストラン「RESTAURANT salon」も21:00まで営業(L.O20:30)。特典として、17:00以降ご来店のお客様は、会計時10%割引

 

所在地:東京都台東区上野公園8-36

アクセス:JR「上野駅」公園口より徒歩7分、東京メトロ銀座線・日比谷線「上野駅」7番出口より徒歩10分、京成電鉄京成「上野駅」より徒歩10分

https://www.tobikan.jp/index.html

②東京都江戸東京博物館

sub2

両国にある「東京都江戸東京博物館」は江戸東京の歴史と文化を感じられるスポット。不思議な形をしている博物館建物は、高床式の倉をイメージしています。常設展では、徳川家康が江戸に入府してから約400年間を中心に、江戸東京の歴史と文化の実物資料や復元模型等を用いて紹介されています。歴史にあまり興味がないという人でも、実物大の大型模型や当時の様子を忠実に再現した縮尺模型を見て楽しめること間違いなしです。

【東京都江戸東京博物館のサマーナイトミュージアム】

●7月19日(金)~8月30日(金)の金曜日21:00まで夜間特別開館

●17:00以降の入場で、学生無料/一般・65歳以上は団体料金適用(要証明)

●特別展「江戸のスポーツと東京オリンピック」が開催中 ※8月23日(金)まで

●1階のミュージアムショップのみ21:00まで営業。特典として、17:00以降、1,000円(税込)以上お買い上げのお客様に江戸博オリジナルポストカードをプレゼント

●カフェ「カフェ三笠」、レストラン「三笠會館」も21:00まで営業(L.O20:00)。特典として、17:00以降ご来店で、お食事をされたお客様にワンドリンクサービス

●レストラン「和食処 桜茶寮」は20:00まで営業(L.O19:30)。特典として、17:00以降ご来店のお客様は、会計時に展覧会観覧券(半券可)の提示で10%割引

 

所在地:東京都墨田区横網1-4-1

アクセス:JR総武線 「両国駅」西口下車 徒歩3分、都営地下鉄大江戸線 「両国駅(江戸東京博物館前) 」A4出口 徒歩1分

https://www.edo-tokyo-museum.or.jp/

③東京都庭園美術館

sub3

白金台にある「東京都庭園美術館」は、なんといってもその建物の美しさが魅力。現在の東京都庭園美術館は、宮家「朝香宮邸」として建てられたものであり、その建物自体がとても貴重な存在です。昭和8年に建造され、内部のデザインは、壁飾りから家具、照明器具にいたるまで、アール・デコとよばれる装飾様式で統一されているという、当時は”幻の建築”と呼ばれたほど。平成27年に国の重要文化財に指定されています。

【東京都庭園美術館のサマーナイトミュージアム】

●7月26日(金)~8月30日(金)の金曜日21:00まで夜間特別開館

●17:00以降の入場で、学生無料/一般・65歳以上は団体料金適用(要証明)

●企画展「1933年の室内装飾 朝香宮邸をめぐる建築素材と人びと」が開催中

●ミュージアムショップ「BLANC」「NOIR」も21時まで営業。特典として、17:00以降商品お買い上げのお客様にオリジナルポストカードプレゼント(1店舗につき1日1回のみ、各店舗1日50名まで)

●カフェ&ラウンジ「café TEIEN」も21:00まで営業(L.O20:00(フード)、20:30(ドリンク))。特典として、17:00以降ご来店のお客様に、フード・スイーツと合わせてご注文いただけるセットドリンク(通常500円)を400円で提供

●レストラン「Du Parc TEIEN Restaurant」は22:00まで営業(L.O20:00)。特典として、17:00以降ご来店のお客様に、会計時観覧券(半券可)提示でディナー5%割引(1グループ最大6名まで)

 

所在地:東京都港区白金台5-21-9

アクセス:JR山手線「目黒駅」東口/東急目黒線「目黒駅」正面口より徒歩7分、都営三田線・東京メトロ南北線「白金台駅」1番出口より徒歩6分

https://www.teien-art-museum.ne.jp/

④東京都現代美術館

sub5

江東区の木場公園の近くにある「東京現代美術館」は、約3年のリニューアルを経て、2019年4月にオープンしました。東京現代美術館では、戦後美術から現在の美術状況を端的に示す若手作家の作品まで約5,400点収蔵されています。カフェ&ラウンジ「二階のサンドイッチ」、レストラン「100本のスプーン」とユニーク名前の飲食店も入っていて、ゆったり過ごすことができます。

【東京都現代美術館のサマーナイトミュージアム】

●7月26日(金)~8月30日(金)の金曜日21:00まで夜間特別開館

●17:00以降の入場で、学生無料/一般・65歳以上は団体料金適用(要証明)

●企画展「あそびのじかん」開催中

●ミュージアムショップ「NADiff contemporary」21:00まで営業。特典として、17:00以降、商品お買い上げのお客様にポストカードをプレゼント(図柄は選べません)

●カフェ&ラウンジ「二階のサンドイッチ」も21:00まで営業(ラストオーダー20:30)。特典として、17:00以降ご来店のお客様に、サマーナイト特別メニューあり

●レストラン「100本のスプーン」も21:00まで営業(ラストオーダー20:00)。17:00以降ご来店のお客様に、サマーナイト特別メニューあり

所在地:東京都江東区三好4-1-1

アクセス:東京メトロ半蔵門線「清澄白河駅」B2番出口より徒歩9分、都営地下鉄大江戸線「清澄白河駅」A3番出口より徒歩13分、東京メトロ東西線「木場駅」3番出口より徒歩15分、都営地下鉄新宿線「菊川駅」A4番出口より徒歩15分

https://www.mot-art-museum.jp/

⑤東京都写真美術館

sub6

日本初の写真と映像専門の総合美術館として1995年、恵比寿ガーデンプレイス内にオープンした「東京都写真美術館」。地下1階から地上3階までの展示室には、33,000点以上ものコレクションが収蔵されています。比較的コンパクトな美術館ながら、様々なテーマで写真が展示され、見ごたえは抜群!いくつかの企画展を同時に実施していることも多いので、何度訪れても新しい作品に触れることができます。

【東京都写真美術館のサマーナイトミュージアム】

●7月18日(木)~8月2日(金)の木・金曜日21:00まで夜間特別開館

●17:00以降の入場で、学生無料/一般・65歳以上は団体料金適用(要証明)

●企画展「TOPコレクション イメージを読む 場所をめぐる4つの物語」を開催中

●ミュージアム・ショップ「NADiff BAITEN」も21:00まで営業。17:00以降商品をお買い上げのお客様お一人様につき、1つミニプレゼント(なくなり次第終了)

●カフェ「MAISON ICHI」も21:00まで営業。17:00以降500円(税抜)以上お買い上げのお客様に、コーヒー又は紅茶を一杯プレゼント

所在地:東京都目黒区三田1-13-3 恵比寿ガーデンプレイス内

アクセス:J「R恵比寿駅」東口より徒歩約7分、東京メトロ日比谷線「恵比寿駅」より徒歩約10分

http://topmuseum.jp/


夏限定で開館時間を延長し、夜まで作品を楽しめるサマーナイトミュージアムを実施している美術館をご紹介しました。遅くまで開いているだけでなく、お得な特典もあるので要チェックですね!

夏の夜は、美術館でゆったりリラックス、芸術作品に触れてうっとりしてみませんか♡

サマーナイトミュージアムの詳細はこちらへ

▼あわせて読みたい記事はこちら

あなたにオススメ記事

関連記事

ページ上部へ戻る