東京から1泊2日で行ける♡カップル旅行におすすめの温泉地

Redhead girl with suitcase in the autumn park.

東京から1泊旅行で行ける温泉地はいろいろあります。思い立ったらすぐに行けちゃう、関東有数の温泉地とそこでの名所巡りについて探ってみました。

①箱根(神奈川県)

Mt Fuji

東京から電車でも車でもおよそ2時間となる観光地・箱根。午前中に東京を出発すれば、お昼には到着します。

早速美味しい昼食をいただきましょう。箱根湯本駅前にある老舗寿司店「中村家」のアジやアナゴ寿司がおすすめですよ。箱根湯本駅から徒歩約15分の天成園の庭にあるパワースポットとして有名な「玉簾の滝」を見学するのもいいですね。

そして予約してあるホテルや旅館にチェックインです。まずは温泉に浸かり日々の疲れを癒しましょう。用意された夕食に舌鼓の後は、もう一度お湯に浸かるのもいいですね。部屋でゆっくりお酒を飲んだり、普段はなかなかできない話題でのおしゃべりを楽しんだら、ぐっすりと眠りにつけるはず。早起きして、贅沢に朝湯に浸かって、しっかり朝食を食べたら2日目の出発です。

火山活動による規制が続いていた大涌谷では、立ち入ることはできなくても、仙石原の「くろたまご館4」にて黒たまごの販売が再開されています。ひとつ食べると寿命が7年延びると言われていますね。数に限りがありますのでなるべく早めにGETしてください。

芦ノ湖の遊覧船に乗るのも楽しいですよ。元箱根港で下船したら、箱根グルメを楽しめるレストランが並んでいます。地元の野菜や魚介類をふんだんに使ったイタリアンを供してくれます、「ラ・テラッツァ芦ノ湖」はいかがですか。少し足を延ばせば箱根神社があります。縁結びのご利益にあやかりましょう♡

【アクセス】
東名高速厚木インターから小田原厚木道路にて小田原西ICへ、

小田急小田原線にて新宿駅から小田原駅へ、さらに箱根登山鉄道にて箱根湯本駅へ、

JR東海道線、東海道新幹線こだま号でも小田原駅へ行くことができます。

②草津(群馬県)

Yubatake onsen, hot spring wooden boxes with mineral water in Kusatsu onsen, Gunma prefecture, Japan

東京駅から新幹線とバスを乗り継いでおよそ3時間、新宿からの高速バスでもおよそ4時間の距離にある群馬県の草津温泉。日本を代表する名湯のひとつであり、江戸時代から年間1万人もの湯治客が訪れていたようです。

まずは、温泉街の中心にあります「湯畑」と「熱乃湯(ねつのゆ)」へ行ってみましょう。湯畑では毎分4,000リットルの温泉が湧き出しています。白い煙が立ち上り湯量の豊かさを象徴しているようですね。周囲には遊歩道がありまた夜間にはライトアップされ幻想的な表情を浮かべます。熱乃湯ではそろいの衣装の娘さん方が長い板を使い湯を揉みます。高温の源泉を水で薄めることなく入湯できる温度に下げているのですね。

さらに近くには、「草津熱帯園」があります。ドーム内を温泉の熱で暖めて熱帯地域の珍しい動植物を飼育しています。カピバラ、ピグミーマーモセットなどかわいい動物に会えますよ。

昔ながらの射的ができるのも、温泉地ならでは。彼氏と一緒に楽しめそうですよね。「射的本舗まんだら堂」で本格的に楽しみましょう。10発500円となっています。お腹がすいたら「三國家」でおそばをいただくのも◎。店内の石臼で挽いたそば粉を使った手打ちそばと草津白根山の雪解け水を使った出汁が絶妙のハーモニーとなっています。

【アクセス】
関越道から上信越道碓氷軽井沢ICへ

JR北陸新幹線軽井沢駅からバスにて

バスタ新宿よりJRバスにて

③鬼怒川(栃木県)

Toshogu Shrine temple in Nikko, Japan. Nikko is a city located in Tochigi Prefecture, Japan.It is a popular destination for Japanese and international tourists.

東京から新幹線を利用しますと2時間半ほどで、新宿から東武特急スペーシアでは約2時間、高速バスでは約3時間で到着します、東京の奥座敷とも呼ばれています、鬼怒川温泉。鬼怒川渓谷沿いには旅館やホテルが立ち並んでおり、なんと年間200万人以上の観光客が訪れます。それもそのはず、周辺には一度は行ってみたい観光名所がずらりと並んでいるのです。

・鬼怒楯岩大吊り橋
全長140mの歩行者用の吊り橋です。揺れるなかをドキドキしながら進みます。テーマパークのアトラクションのようですね。

・東武ワールドスクウェア
ピラミッド、自由の女神、万里の長城などの世界有数の建築物がすべて25万分の1のサイズで再現されています。ちょっとしたインスタ映えのスポットです。

・日光江戸村
江戸時代を再現した、EDO WONDERLAND 。侍、忍者、殿様、花魁などに扮したりして不思議な経験ができますね。

・日光東照宮
徳川家康を祀る日光東照宮。1999年には世界文化遺産に登録されました。社殿の彫刻、極彩色の回廊、数々のパワースポットと見所満載です。

・いろは坂
中禅寺湖畔へつながる、48の急カーブを有する坂道、いろは坂。紅葉のシーズンには大渋滞となりますね。途中の明智平展望台からは華厳の滝、中禅寺湖、男体山を一望できます。

・華厳の滝
日本三大名瀑のひとつです。エレベーターで観瀑台に上れば、その音と水量の迫力に圧倒されます。

・中禅寺湖
男体山の噴火によって出来たカルデラ湖。澄んだ水面に映りこむ山々の表情は幻想的ですね。

さあ、駆け足でなんとか1泊2日で廻りきれるでしょうか。

【アクセス】
東京駅から北陸新幹線宇都宮駅を経由して日光駅へ

東京駅から東北新幹線小山駅、栃木駅を経由して東武日光駅へ

新宿駅から東武特急スペーシアで東武日光駅へ

東京駅八重洲南口より高速バスで東武日光駅へ

④越後湯沢(新潟県)

Tashiro Lake in Echigo Yuzawa, Niigata Prefecture, Japan

ノーベル文学賞を受賞した作品の冒頭、「国境の長いトンネルを抜けると雪国だった。夜の底が白くなった。」この美しい文章で綴られているところ、そこがまさに越後湯沢でした。

名作『雪国』はこの越後湯沢の温泉宿「高半」にて執筆されたのです。川端康成が滞在した部屋は当時のまま保存されています。そしてこの温泉は平安時代に発見されたもので、この宿「高半」の起源もそこまで遡ります。そんな歴史のある越後湯沢で見るべきところを探りましょう。

・湯沢高原ロープウェイ
越後湯沢駅から徒歩約8分のところにありますこのロープウェイ、世界最大級・166人乗りです。その大きな窓の外に繰り広げられる絶景を眺めながら、約7分で湯沢高原へ到着です。高原ではスリルいっぱいのアトラクションが待っていますよ。

・ジップラインアドベンチャー
森林の中をワイヤーを伝って滑り降りる壮快アクティビティーです。

・やまびこリフト
高原をゆったっりとふたり乗りリフトで遊覧しましょう。7分ほどの空中散歩です。

・マウンテンゴーカート
エンジンの付いたふたり乗りゴーカート。だれでも簡単に運転できます。

越後湯沢駅構内にある「越後のお酒ミュージアム ぽんしゅ館」にも立ち寄ってみたいですね。米どころ新潟を象徴するお酒を使ったお菓子や特産品を取り揃えています。50種類以上の利き酒もできますよ。また駅のすぐそばには、海藻をつなぎに使った「へぎそば」を出す人気店「中野屋」があります。せっかく越後湯沢へ行ったのなら、一度は試しておきたいおそばです。

【アクセス】
東京駅から上越新幹線で越後湯沢駅へ

練馬ICから関越自動車道で湯沢IC


東京から1泊2日で行ける温泉地のご紹介でした。のんびりとお湯に浸かっていたいところですが、見るべきものも多くてそうもいかなそうですね。週末のお休みや、のんびりと有休を合わせてぷらっと……、紅葉シーズンに向けチェックしてみてくださいね。

▼あわせて読みたい記事はこちら

あなたにオススメ記事

関連記事

ページ上部へ戻る