「私と仕事、どっちが大事なの?」は彼氏に言っちゃいけない言葉!

drop-the-label-movement-668208-unsplash

彼のことが大好きで思いやる気持ちは持っていたいけれど、彼氏の仕事があまりにも忙しいと「私と仕事、どっちが大事なの?」と聞いてしまいたくなる気持ち、よくわかります。

しかしそれを言ってしまうと、二人の関係が崩れてしまう可能性もあるのです。その言葉を言いたくなる女性の気持ち、対する男性の気持ちをご紹介します。

この発言をする乙女心は?

christopher-campbell-30219-unsplash

「私と仕事、どっちが大事なの?」と聞いてしまうのは、単純に「私と仕事どっちが大切なのかな?」と聞きたいのではなく、「私のことを本当に大切に思っているの?」と彼に尋ねたい気持ちと、できれば彼に「君のことが仕事よりももちろん大事だよ。これから仕事はほどほどにして、君に時間を費やすよ」と答えてほしいという気持ちもあるのではないでしょうか。

しかし、男性はこの発言をされると、彼女がなぜこんなことを言ってしまうのかという本音になかなか気づきません。

言われたときの男心は?

jeremy-perkins-278351-unsplash (2)

男性は「仕事と私、どっちが大事なの?」と彼女に言われてしまうと、ショックを受けます

男性は彼女からこの発言をされたときにこういう風に考えます。「仕事と私を天秤にかけたら、どちらの方が大事だと思っているの?」とストレートにその意味を解釈してしまいます。男性が仕事を頑張っているのは、社会的にも、大人の男としても周囲から認められたいからです。一人前の社会人としても大人の男としても、周囲から認められることによって、間接的に彼女のことを守ることができると思っています。それなのにこの発言によって「彼女が自分のことを全く理解しようとしていない」と思います。

寂しいなら「寂しい」と素直に言った方がいい

男性は彼女のことがとても大切だからこそ仕事をがんばっているのに、それを彼女が理解してくれず「仕事と私、どちらが大事なの?」と聞かれると、彼の努力を彼女は理解してくれていなかったのだと感じ、ショックを受けるのです。

恋人に会えなくて寂しいのは、女性だけではなく男性も同じ気持ちです。彼が仕事好きで彼女のことを顧みずに熱中しているのではありません。彼女がその気持ちを理解していないということが、「仕事と私どっちが大切なの!?」という発言によって明らかになってしまいます。

「もっと私のことを大切にしてよ」「もっと私との時間を増やしてほしい」と伝えたいのなら、率直に寂しいと思っている気持ちを伝える方が、彼には伝わります

男性は言葉の裏の意味を読み解くのが苦手な人が多いです。素直に「最近会えなくて寂しいな」と伝えることによって、彼は彼女のことをいじらしく感じます。


「仕事と私、どっちが大事なの!?」問題は、昔からよく聞く喧嘩の理由ですよね。女性の気持ち、男性の気持ち、それぞれをきちんと考えてみると、どちらも”相手が好きだからこそ”です。

つい感情的になって「仕事と私、どっちが大事なの?」と聞いてしまいたい気持ちに駆られるかもしれませんが、彼に気持ちを伝えたい時はあなたの心の声をそのまま言葉にする方が彼に伝わりやすそうです。

▼あわせて読みたい記事はこちら

あなたにオススメ記事

関連記事

ページ上部へ戻る