仕事が忙しい彼氏。気持ちを切り替えさせるためにできることは?

volodymyr-bahriy-1092017-unsplash

仕事があまりにも忙しそうな彼だと、心配になってしまいますよね。「がんばってね」や「あまり無理しないでね」と言うだけでは響かない。ではどんなふうに彼に声をかけたらいいのでしょうか?

仕事モードの彼氏の気持ちを切り替えるためにできることをまとめてみました。

「あまり無理しないで」は気休め程度

davids-kokainis-1217560-unsplash

頑張っている人に「あまり無理しないで」と言葉をかけても、それほど効果はありません

むしろ彼女に無理をしないでと言われたら、さらに気合いを入れてと仕事を詰め込んでしまう可能性もあるのです。仕事が大好きで熱中しやすい彼の気持ちを切り替えるには、もっと具体的な方法があります。

①マッサージや整体に行かせる

休日もなく、仕事に明け暮れているような彼には、たまにマッサージや整体に行かせるようにしましょう。ただマッサージや整体に行くように促してもなかなか行かないかもしれないので、「体のケアは心のケアに繋がるから」と彼に伝えてみましょう。

体の健康が心の健康につながることを彼に伝えれば、彼も行こうと思うかもしれません。もし彼女がマッサージしてくれることばかりに依存して、自分でストレッチなどのケアをしない彼なら、「体のケアをしっかりしてこそ、本当のプロだと思うけど」と少し厳しめに指摘をしてみても良いでしょう。

彼女に甘えきっている彼なら、その発言にはっと気付かされるかもしれません。あくまでも彼のプライドを立てつつ、指摘するようにしましょう。

②オンとオフをしっかり分けさせる

仕事が好きな彼だと、休日と仕事の境界線がなくなりがちです。仕事の就業時間が終わっているのに、家で仕事の残りをしていたり、仕事に関する本ばかり読んでいたりする場合には、結局一日中仕事をしていることになり、休みの時間を作っていないことになってしまいます。

仕事のオンとオフをしっかり分けさせることによって、ダラダラと仕事を続けることがなくなってきます。

長時間仕事をすることによって、彼も「仕事をずっとしている俺ってかっこいい」という思い込みをしているかもしれません。実際にプロジェクトが迫っている時などは、残業も多いかもしれませんが、なんとなくダラダラと仕事をしているだけの場合にはこんな声掛けをしてみてください。

「オフがあるから、オンが活きるはずだよ」。ただ長時間仕事をするだけがかっこいいわけではないことを彼に気づかせる声掛けをしてみましょう。

③休日を取らせる

休日を取ることに罪悪感を感じている彼なら、こんなふうに声をかけてみましょう。

「休日ってダラダラするだけじゃなくて、向上するための勉強の時間でもあるんだよ」。仕事が週休二日制の場合には、そのお休みの二日間で他のことを勉強するようにします。休日がなければ自分のことを向上させる勉強の時間が取れず、現状維持だけになってしまいます。

どんなふうに時間を使うかを彼に具体的に提案してみても良いでしょう。ただ休みの日にダラダラするのではなく、仕事や生活を向上させるための時間の使い方に彼が気づいていないだけかもしれないからです。


彼女だからこそできるのは、彼が仕事のことばかりでまわりが見えなくなっているところを言葉によってフォローすることです。それは上から目線で偉そうに彼に伝えるのではなく、あくまでも「あなたの事を思って、参考になるかわからないけれど謙虚な姿勢で指摘をしてみる」といった姿勢で彼に伝えてみましょう。

ただ優しいだけの彼女ではなく、たまに厳しいことを言うからこそ、彼も彼女に一目置くようになります。良い関係を築いていきたいですね。

▼あわせて読みたい記事はこちら

あなたにオススメ記事

関連記事

ページ上部へ戻る