【大反省】彼氏が後悔している「飲み会があったとき彼女にした失敗」

iStock-496061932+

彼女にもきちんと説明したし、楽しく参加していた飲み会。だけど、羽目を外してしまって気がつけば彼女に迷惑や心配をかけてしまった……。そんな不甲斐ない自分を反省している男性には、どんなことがあったのでしょうか。「飲み会があったときに彼女にした失敗」について、エピソードを集めてみました。

①サイフをなくして寝ている彼女を起こした

Rear view of man keeping wallet in back pocket of his chino pant

「その日はサークルの仲間の誕生パーティーで、30歳になった記念!とか言っていつもより盛り上がっていたのは覚えています。
一次会はちゃんと自分のサイフからお金を出したのに、二次会が終わって会計のときにいくら探してもジーンズのポケットに入れたサイフが見つからない。二次会の費用は仲間にたて替えてもらったけど、問題は帰りのタクシー代で……。警察にも届けないといけないし、深夜の2時に彼女に電話したときは本当に情けなかったです。
幸い、サイフは一次会のお店に届けられていて無事だったけど、わざわざクルマで迎えに来てくれた彼女に申し訳なくて、謝りたおしでした
(26歳/教育)

この日以来、こちらの男性は飲み会のときにお財布をジーンズのポケットに入れるのはやめたそう。このときは男子トイレに落ちていたそうですが、もし戻ってこなかったら大変ですよね。寝ている彼女を起こしてしまい、かなり嫌味を言われたそうですが「自分の管理の甘さが悪い」と素直に反省して謝ったのだそうです。
一度懲りれば、ふたたびこんなことは起こさない……と信じたいですね。

②ペットが急病になったのに、彼女からの着信を無視した

iStock-1024733628+

「トイレに行ったとき、スマホを見たら彼女から着信があったんですよね。かけ直そうと思ったのですが、そのときは酔っていて面倒になり、留守電も確認せずに席に戻りました。

が、飲み会が終わって改めて留守電を聞いてみると『ふたりで飼っている犬が突然吐いて苦しみだし、急患で連れていける動物病院を探している』って入っていて、もう血の気が引いて一瞬で酔いが冷めましたね。

あわてて電話すると『病院を探している間に落ち着いたから、明日改めて連れていく』って言われ、ほっとしたものの。『飲み会の最中に電話してごめんね』と謝られて罪悪感がハンパなかったです
(28歳/土木)

「あのとき、ちゃんとかけ直していたら彼女に心細い思いをさせなかったのに」とこちらの男性は嘆いていましたが、何よりこたえたのは“自分の電話が彼氏の楽しい時間を邪魔する”と感じた彼女の気持ちだったといいます。着信を無視したことで彼女に余計な気遣いまでさせてしまい、男性は「二度と着信を無視しない!」と彼女に誓ったそうです。

③ペアリングをなくしてしまった

iStock-501200522

「お酒での失敗で今でも後悔しているのは、彼女と記念日に買ったペアリングをなくしたことです。
酔うとリングや腕時計を外すクセがあって、そのとき彼女に『リングは置いていけば』と言われていたのに、心のどこかで一緒に飲む友達に見せびらかしたい気持ちがあって、『大丈夫だよ』と言いながらつけたままでした。案の定、帰宅してふと指を見たらリングがなくて、どこで外したのかも思い出せずに彼女に泣かれました……。
後日、彼女の気に入るデザインで買い直したけど、『なくされて悲しい』と言った彼女の顔が忘れられません
(30歳/公務員)

失敗した話の中でも胸が痛いこちらのケース。男性は、「大事なリングだから外さないだろう」と思っていたそうで、実際になくしたとわかったときは後悔しかなかったそうです。お互いのお給料から贈りあった思い出のリングをなくされて、彼女の気持ちを考えると男性はいつまでも胸が痛いといいます。こんな大失敗は、二度と繰り返してほしくないですね。


飲み会で失敗した男性に話を聞くと、全員「こんなはずじゃなかった」と口を揃えて言います。そんな甘えが“悲劇”を呼び、後になって後悔するのですね。ですが、彼女を二度と悲しませない、と誓った男性たちは、それからしっかり自分を制して飲み会を楽しんでいるようです。

▼あわせて読みたい記事はこちら

あなたにオススメ記事

関連記事

ページ上部へ戻る