彼氏とケンカをしてもこれは言っちゃダメ!「彼女に言われてトラウマになった言葉」集

Problems in a relationship!

彼氏とケンカになると、頭に血がのぼってついひどいことを言ってはいませんか? たとえケンカであっても、彼氏の人格を傷つけたりおとしめたりするような発言はNG。あとで謝っても、トラウマ級の言葉をぶつけられたら彼氏は立ち直れません。実際にどんな言葉で傷ついた経験があるのか……、男性に聞いてみました。

①「元カレのほうが良かった」

Distracted

「俺の気遣いが足りないとか言葉が少ないとかでケンカになったとき、彼女がぼそっと言った言葉。こっちも頭にきて『それなら元カレとよりを戻せば?』と言ってしまい、泥沼になりましたね……」
(25歳/サービス)

前の恋人と比べられるのは、彼女のほうだっていい気がしないはず。本当にそう思う瞬間があるとしても、口にしてしまうと彼氏が「じゃあ別れようか」となっても仕方ありません。

②「頭が悪いよね」

Husband is frustrated, upset while his internet addict wife is using mobile phone in social network

「俺の彼女は技術職なんだけど、いくら自分が賢いからって人に対して『頭が悪い』と言えるような女性は無理です。見下されているようで、ケンカのとき一度言われてすぐ別れました」
(30歳/教員)

ケンカのときに頭の良し悪しを持ち出すのはアウト。言われた側は馬鹿にされていると感じるし、それから心を開けなくなります。

③「付き合うんじゃなかった」

Couple Addicted to Social Networks Using Phones

どう見ても彼女が悪くてケンカになったのに、『こんな思いをするなら付き合うんじゃなかった』と言われて『俺もそう思う。だからもう終わろう』とそれきりにした女性がいます」
(28歳/営業)

ケンカの原因が何であれ、付き合ったことを後悔するような発言をされたら彼氏の愛情は一気に萎えます。こんな言葉は仲直りするきっかけも潰してしまうと心得ておきましょう。

④「どうせモテないでしょ」

Unhappy couple ignoring each other using mobile phones. Boyfriend and girlfriend with smartphone addiction. Bad relationship concept

過去に言われたことで一番トラウマになったのが、『私と別れたって、どうせモテないでしょ』とケンカ中に言われたこと。上から目線だし、その非モテと付き合っている自分はどうなの、と一気に冷めました
(32歳/公務員)

ケンカの最中に「モテ」を持ち出すのは、彼氏の外見や性格をおとしめるのと同じ。そして、そんな発言ができることで自分の評価を落とすことになり、お付き合いも終了に。

⑤「ありがたいと思わないの?」

Just calm down and take a deep breath!

 

俺から告白して付き合った女性がいたのですが、些細なことでケンカになったときに、『私と付き合えてありがたいと思わないの?』と言われたときはドン引きでした。それが本心か、と思ったら愛情なんて消えましたね
(30歳/配送)

恋人は対等な関係です。「付き合ったことをありがたく思え」って、告白された側がえらいなんてことは絶対にありません。男性のプライドを砕くこんな言葉は、口にした女性のほうが100%悪いと思いましょう。


身近な存在だからこそ、怒りがあるときつい言葉をぶつけたくなるかもしれません。ですが、その発言ひとつで交際も彼氏の愛情も奪うことになれば、結局悲しい思いをするのは女性のほうです。頭に血がのぼったときこそ、発言には慎重になるのがお互いのため。思わぬ“失言”で彼氏の気持ちが吹き飛ばないよう、冷静に向き合うことを心がけたいですね。

▼あわせて読みたい記事はこちら

あなたにオススメ記事

関連記事

ページ上部へ戻る