「同棲すると別れる」って本当?同棲が別れにつながる理由とは

brooke-lark-175644-unsplash

本当は彼氏と一緒に暮らしたいけど、「同棲すると別れる」ってよく聞くし、不安……。という女性もいるかもしれません。

ですが、同棲がどうして別れにつながるのか、その理由がわかれば無駄な不安は回避していけること。心配なことはあらかじめ彼氏と話し合うことが、幸せな同棲を続けていくには大切です。同棲が別れにつながる理由についてお話しします。

同棲で別れる理由①気ままな時間が減る

thought-catalog-188056-unsplash (1)

大好きな彼氏。デートの最後でいつも「バイバイ」するのは本当に寂しいし、一緒に暮らせば同じ家に帰ることができるのに、と思いますよね。

ですが、同棲は彼氏と過ごす時間が一気に増える反面、ひとりになりたいときにその時間を確保するのが難しく、別々に暮らしていたときより距離が近くなることを忘れてはいけません。

これまでは、帰宅してひとりでゆっくりお風呂に入り、パジャマに着替えてのんびり過ごせていたけど、彼氏と一緒ならお風呂の順番を考えたり寝る時間も彼氏の都合を考えたり、好きなようにくつろげる時間は少なくなります

過ごし方のルールを作ってみる

他人と暮らすことは、エネルギーを使います。

だからこそ、同棲の前にはお互いの時間の使い方についてしっかり話し合い、ひとりになりたいときはどちらかが外で過ごすなどのルールを決めておくことが肝心。自分はべったりでOKでも、彼氏がそうでなかったら彼氏の時間の使い方を尊重する姿勢も大切です。

「同棲しても別れない」カップルは、お互いの時間を無視せず受け入れていることでストレスなく暮らしていける、と思いましょう。

同棲で別れる理由②違いを受け入れられない

olia-gozha-692917-unsplash

たとえば、彼氏が寝る前に歯を磨かなくても平気であったり、朝は寝起きが悪くてテンションが低いことが当然であったり。実際に同棲を始めてみると、今まで知らなかった一面をたくさん見ることになります。

ちなみに、寝る前に歯を磨かない人の割合は、全体の32.6%(データ元)。毎日歯を磨いてから寝る人にとっては、「え、3割もいるの?!」と驚きのはず。彼氏がその3割に入っている可能性だってあるのです。

また、生活のペースが違うのは何とかすり合わせていくことができても、朝から不機嫌な彼氏の相手をするのはしんどかったり健康に気を使わない姿勢が気になったりすると、一緒に暮らすことがストレスになりますよね。

価値観は人それぞれですが、どうしても受け入れられない面を知ってしまうとお付き合いそのものを考え直すようになります。同棲は、お互いに素の姿を隠すことは難しく、逆に自分の価値観に彼氏がついてこれずにギブアップする、なんて可能性だってありえるのです。

相手をもっと知り、話し合ってみる

日常をどう過ごしているかは、同棲を始める前に話し合っておきたいこと。彼氏が歯を磨かないまま寝ることを先に知れば、「私は必ず磨いてから寝るんだけど、そのほうがスッキリしてよく眠れるよ」「一緒に暮らしたらいい歯磨き粉を探してみない?」など前向きな提案ができますよね。

同棲すると別れてしまうカップルは、価値観の違いを受け入れる余裕がないから。人と自分は違うことを当然とし、あらかじめ生活についてお互いのことを話しておくことで、いざ同棲が始まっても違和感なく暮らせるのを覚えておきましょう。


同棲すればみんなが別れているわけではありませんよね。幸せな同棲生活からそのまま結婚まで進むカップルも大勢いて、それはお互いの違いを受け入れ、歩み寄ることにストレスがないからです。

他人と暮らすことはエネルギーを使うからこそ、ふたりで過ごせることの幸せをまずは考え、不安なことはしっかり話し合う姿勢を持ちましょう。

▼あわせて読みたい記事はこちら

あなたにオススメ記事

関連記事

ページ上部へ戻る