年内に彼を両親に紹介したい!彼氏をその気にさせる言い方って?

Cozy and calm concept. Woman realxing at home,drinking cacao, listening music

結婚を考えている彼氏だけど、なかなか話が進まないし、まずは自分の両親に紹介したい。そう思ったとき、年末年始のような特別な区切りが控えているときは連れていくチャンスといえます。まずは、彼氏にそれとなく会ってもらうことを提案してみましょう。彼氏が物怖じすることなくその気になってくれる言い方をご紹介します。

①「実家の用事を手伝いたいのだけど、一緒に帰らない?」

Giving their new home a touch of modern flair with stylish furnitureまず、面と向かって彼氏に「両親に会ってほしいのだけど」と言うと、多くの男性がプレッシャーを感じます。たとえ結婚する意思があるとしても、改めて「彼女の両親に会う」となると相応の覚悟がいるものです。

なので、彼氏に負担を覚えさせず両親に会ってもらいたいと思うときは、「ほかにメインの用事がある」ことを出すのが有効です。「片付けたいものがあるらしくて」「家具の組み立てに困っているらしくて」など、紹介する以外の用事で帰る口実を作り、「一緒にどう?」とさり気なく誘ってみると、彼氏も「俺も手伝おうか」と言ってくることがあります。

「じゃあ、ついでに挨拶もできるね」など、親に会ういい機会だと思ってもらいましょう。

②「実家に物を取りに行きたいから、お願いしてもいい?」

Just one more box and I'm doneたとえば同棲しているカップルなら、「○○が実家にあって、取りに行きたいのだけど一緒に行ってもらってもいい?」など、自分の用事に付き合ってもらう言葉も男性がうなずきやすい言い方です。「クルマがないと持って帰れない」など、彼氏の力が必要なことを強調すればふたりで行きやすいですね。この場合も、「親に会うと思うから、挨拶してね」など軽く伝えておくことが肝心です。

挨拶がメインで行くとなるとプレッシャーを感じますが、彼女の手伝いで向かうついでなら、男性も身構えずに会う気持ちが持てるでしょう。

③これは危険!“だまし討ち”のような会わせ方

Young woman using smart phone in bedroom while her boyfriend is sleeping.気をつけたいのが、「自分の親に会う可能性」があることを彼氏にはまったく伝えず、逆に両親には「彼氏が来るから待っていて」と心づもりをさせておくこと。彼氏がいざ行ってみると彼女の両親がかしこまった様子で待っていたなんて場面は、何の心構えもできていなかった彼氏にとっては不意打ちで嫌な気がします。男性だって、彼女の両親と会うならそれなりに身なりや手土産などに気をつけたいと思うはず。その機会を一方的に奪うことは、男性のプライドを傷つけることになり、その後の関係にも響くことがあります。

どんな言い方をして連れていくにしても、自分の親に会うことは彼氏に伝えておくのが必須です。そのときに両親がどんな人柄かなど、軽く話題にするのもいいですね。


男性にとっては、彼女の親にご挨拶をする場面は想像するだけで冷や汗をかくものです。それはネガティブな意味ではなく、交際している責任を感じているからこそ。いきなり「親に紹介したいの」と言われると腰が引けてしまうので、「さり気なく、実家に行きやすく」を心がけた言い方を考えましょう。

▼あわせて読みたい記事はこちら

あなたにオススメ記事

関連記事

ページ上部へ戻る