彼氏にしっかり伝わる愛情表現は、これを意識して!

couple kissing in the bedroom

「恋人へは愛情表現を欠かさないことが大事」とよく聞きますが、実際にどんなことをすれば気持ちがしっかり彼氏に伝わるのか、考えてしまいますよね。愛情は、口にしないと伝わらないのも確かです。彼氏が喜んでくれる愛情表現を考えるなら、どんなところが好きなのかを隠さず伝えましょう。

①「こんなところが好き!」と具体的に伝える

Happy young couple looking at mobile phoneただ「好きだよ」と言うだけでも、もちろん彼氏はうれしく思います。ですが、もっと幸せを感じるのは、自分のどんなところを愛してくれているのか、具体的に実感できる瞬間です。

「疲れていてもお皿を洗ってくれるところ」

「電車で座っていてもすぐ他人に席を譲るところ」

など、どんな姿を見て愛情を覚えるのかがわかれば、彼氏はこんな自分でいいのだと思えるし、また認めてくれる彼女に深い愛情を感じるもの。近くにいるからこそ、普段の何気ない姿を見逃すことがありますが、しっかり見てもらえているのだな、という実感が彼氏にとっては嬉しいのですね。

②嬉しかった・感動したことに感謝する

He Makes Me Laughたとえば、

「この間の出張で、私の好みを優先してお土産を買ってきてくれたこと」

「年末年始に、自分と過ごすより私の帰省を考えてくれたこと」

「友人たちとの食事で一足早くお店を予約してくれたこと」

など、彼氏がしてくれて嬉しかったことや感動したことは、どんどん伝えましょう。それは、彼氏の気持ちをしっかり受け止めているサインであり、具体的なエピソードが出るほど彼氏は自分の行動に自信を持ちます。彼氏は、好きな彼女だからこそ喜んでほしくて行動するのであり、それが伝わっているとわかるのが幸せ。「本当にありがとう」と感謝の言葉を言われれば、自分の気持ちを受け止めてくれる彼女にもっと何かしてあげたくなるはずです。

③一緒にいられることが幸せだと知ってもらう

Couple in loveお付き合いしているとつい忘れがちなのが、「相手の存在に感謝する気持ち」です。交際は、決して当たり前にできるのではなく、お互いの気持ちが通じ合ってかなうこと。そばにいるのが当然のように感じると、いい加減な態度を取ることもありますが、そんな姿がよい関係を築くとは思えませんよね。

「一緒にいてくれてありがとう」

男性が何より喜びを感じるのが、自分との交際を幸せに思ってくれる彼女の気持ちです。改めて「いいお付き合いを続けたい」と思うし、彼女を大切にしたくなります。一緒にいることが幸せなのだと知ってもらうことは、ふたりの心を深く結びつけるきっかけになるのだと心得たいですね。


男性だけでなく、女性でも「愛情表現が苦手」という人はいますが、無理なことをするのではなく大切なのは「伝わること」です。ですが、知ってもらうにはやはり言葉で表現することが重要で、口にするのが難しい場合はまず「ありがとう」「感謝しています」など、彼氏の存在を受け入れている自分を見せるのもいいですね。自分から愛情表現ができれば、彼氏も同じように愛情を返したくなり、よりふたりの親密さが増すと思ってくださいね。

あなたにオススメ記事

関連記事

ページ上部へ戻る