婚前契約書ってよくわかんない!どうやって作成するの?メリットはある?

prenuptial agreement with two red hearts

「婚前契約書」。筆者はこの言葉を聞いた時、「結婚前に簡単に2人でルールを決めて印鑑を押して、『その通りにしようね』ってやつでしょ」と思っていました。しかし実際に調べてみると奥が深く、結婚前のカップルにはとても有効なものだということがわかったのです!

彼と結婚を考えているという女性は、婚前契約書がどんなものなのか知っておくことをオススメします。この記事では、ステキな結婚生活を送るために必要な「婚前契約書」の説明や作成方法、メリットなどを紹介しているのでさっそく読んでみましょう!

婚前契約書とは?

Prenuptial ( premarital ) agreement

婚前契約書とは、その名の通り結婚をする前に結婚後のお互いのルールや離婚時の取り決めを契約して書面にしたものです。日本ではあまり馴染みのない婚前契約書ですが、先日歌手のSILVAが作成したことで話題になりました。

実はこの婚前契約書、プリナップという呼び名で欧米やヨーロッパなどではごく一般的なものなんです!海外セレブやハリウッドスターだけではなく、アメリカやフランスでは婚前契約書を交わすカップルはなんと4組に1組!最近は日本でも婚前契約書を作成するカップルが増えているそうですよ。

なぜ結婚前に作成するの?

bride groom hands

その婚前契約書なのですが、なぜ「婚前」なのでしょうか。その理由はいくつかありますが、一番大きい理由としては「結婚前の契約は取り消すことができない」と法律上で決まっていることが挙げられます。入籍前だとまだ他人同士としての契約になるので、どちらか一方の都合で勝手に取り消すことができないんですね。それと、結婚前に夫婦でのルールをきちんと決めておくことで、お互いの考えが共有でき結婚後の生活がスムーズに行えるのです。

婚前契約書はどうやって作成するの?

Marriage Legalities

簡単な「覚書」なら2人で話し合って記入することで気軽に作成できます。お互いにルールを出して、話し合いながらすり合わせていくんですね。ただし、この覚書にはいざという時に裁判などで証拠として認められないというデメリットが!海外セレブや先ほど挙げた歌手のSILVAは、覚書ではなく公正証書で婚前契約書を作成しているとのことで、日本の一般カップル層にもじわじわ広がりつつあります。

公正証書は弁護士などに依頼をして作成しなければならないので手間と費用がかかりますが、強い安全性と信頼性を持っていることが大きいメリットです。公正証書として婚前契約書を作成すると、その原本が公証役場に保管されるため破ったり紛失したりしても効力が発揮されます。そして「きちんと守らなきゃ……!」という本人たちの心構えも変わってくるでしょう。

どのくらいの作成期間が必要なの?

Desk and calendar.

婚前契約書を作成するには、お互いの今後生活していくルールを徹底的に決めなければいけません。そのためには2人で深い話し合いをする時間が必要となります。一般的に、婚前契約書の作成には1か月半~3か月ほどかかります。入籍する1ヶ月前くらいには作成させたいので、余裕をもったスケジュールが必要になりますね。歌手のSILVAは1年半かけて相手の合意を得られたとのことで、彼の気持ちはどうなのか早めに確認しておいた方がいいでしょう。

婚前契約書の内容はどんな感じなの?

Young family couple together at home casual

そして気になる婚前契約書の中身ですが、夫婦それぞれのルールがあるので1枚たりともまったく同じ婚前契約書は存在しないのです!大まかにどんな契約をみんなが交わしているのかというと、「結婚後の家事は折半する」や「帰りが遅くなる場合は20時までに連絡する」などの簡単な生活ルールから、「離婚した場合の財産分与について」などの重たいことまであります!お互いの気になることを徹底的にハッキリさせているようです。

婚前契約書を作成するメリット

Cheerful couple relaxing at home

では、婚前契約書を作成することでどんなメリットがあるのでしょうか。「弁護士にまで頼んで作成する必要がある?」と感じてしまった人も、このメリットを知ればきっと公正証書の婚前契約書を前向きに考えるようになるはずです。

①お互いの価値観が理解できる

結婚前にきちんと結婚後の話し合いをすることはとても大事ですが、徹底的に話し合っているカップルは少ないと感じます。結婚前となると両家への挨拶や顔合わせ、結納や結婚式など考えて話し合うことがたくさんありますね。そんな中、結婚後の生活まではなかなか頭が回りません。しかしこの婚前契約書を作成することで、徹底的に結婚後の話し合いを相手と行うことになります。そこでお互いがどう思っているのか、その価値観が共有できますね。結婚後に「こうじゃなかった……!」と後悔するのを防ぐためにも、婚前契約書は有効なのです。

②喧嘩が少なくなり夫婦円満に

歌手のSILVAは夫婦喧嘩になりそうな流れになると、冷蔵庫に貼ってある婚前契約書を指して「ここに書いてあるよね」と伝えるそうです。そうすると夫は「書いてあったね」と喧嘩に発展せずに終わるとのこと!婚前契約書が公正証書だと、きちんと守って生活をしようという気持ちが大きくなる上に、契約内容の変更には再度手間と費用がかかるため大抵のことは話し合いで解決するという流れになるそうですよ。話し合いをして問題を解決し乗り越えたあとは、より一層夫婦の絆も深まりそうですね。

③離婚しにくくなる

婚前契約書を作成することで結婚をする前にお互いの価値観を知り、喧嘩が少なくなって夫婦円満になるということは、離婚しにくくなるということにも繋がりますね。なおかつ婚前契約書に「離婚をする場合の慰謝料」などの離婚に関する項目があると、「離婚をするにはこれをしなければいけない……」と考え、気持ちを抑えてくれる効果もあります。このことから、婚前契約書を作成することが離婚を防ぎ、夫婦円満な結婚生活が送れるのです。

④もし離婚をしたとしても揉めづらい

婚前契約書を作成したからといって離婚を100%防げるかというと、答えは「No」になります。ですが万が一離婚にいたったとしても、婚前契約書があるため揉めごとになりづらいです。離婚をするとなると、さまざまな問題が発生します。お互いの財産、たとえば住んでいる家や家具はどうするか。また子どもがいるとしたら親権はどうなるか……。話し合いではなかなか決まらない場合もあり、中には相手が話し合い事態に応じなかったりする場合も!

しかし、婚前契約書に離婚する際の決めごとをしっかり記載しておけば、その点スムーズに事が運びます。結婚前の幸せな時期に、離婚した場合の取り決めを話し合うのは心が進まないですが、きちんと決めることでお互いの未来が良くなるのです。


日本ではあまり耳にしない婚前契約書の存在、改めて知っていかがでしたか?ただの約束ごとを書いた紙きれではなく、法的に効力があると聞いてびっくりですよね。しかし、結婚は一生を過ごす中での大きなイベント。その大きなイベントはできる限り成功させたいです。

婚前契約書を作成することで結婚に対してお互いにけじめをつけることができ、夫婦円満な結婚生活を送れるのだとしたら、ぜひ活用したいところですよね。これを機に、彼氏にも話題を出してみるのもいいかも!

▼あわせて読みたい記事はこちら

あなたにオススメ記事

関連記事

ページ上部へ戻る