結婚してよかった。既婚女性が感じる「ライフスタイルの変化」って?

Happy young couple at home

結婚すれば、それまでひとりで自由に過ごせていた時間とは違い、「夫との生活」が中心になります。当然、仕事や普段の暮らしにも変化がありますが、「結婚してから変わったライフスタイル」にはどんなものがあるのでしょうか。既婚女性が「結婚してよかったな」と思ったエピソードをご紹介します。

①健康に気を使うようになった

People to a toast before a meal

「夫とは結婚前は半同棲という感じで付き合っていたのですが、週末の暴飲暴食とかたまに友人と夜遊びとか、不健康な過ごし方をするときも多かったです。でも、結婚となると私がもし体調を崩したとき、一緒に生活する夫に迷惑がかかるのがまず気になりました。せっかく一緒に暮らしているのに、相手が二日酔いとか自分だったら嫌だなと思って。

なので、結婚後はお酒を控えて以前より健康に気を使うようになりました。健康診断でもいい結果が出るし、夫も喜んでくれます」
(30歳/セールス)

好きなように過ごせるのが独身のよいところですが、もしネガティブな習慣があるとすれば、それを改める機会のひとつが結婚なのかもしれません。

こちらの女性は、結婚前は「日曜は二日酔いでひたすら寝るだけで終わる」こともありましたが、今は夫とふたりでお出かけする大切な曜日になったそうです。健康でいることは、幸せな結婚生活のためにも欠かせないといえますね。

②「おうちごはん」が当たり前になった

Young cheerful spouses enjoying morning time together

「夫とは同棲もしていましたが、お互いに疲れているときはコンビニのご飯とかも平気でした。でも、せっかく結婚するのなら夫に美味しい手料理を食べてもらいたいと思うようになって、新婚のときから一生懸命料理を覚えましたね。節約になるのもいいけれど、家でご飯を食べるのが当たり前になると夫もリラックスしてくれるので、結婚前よりラブラブになったと思います」
(32歳/サービス)

こちらの女性は、「バタバタと外に食べに行くより、家で作るとゆっくり過ごせるのがいい」と話していました。それまでは気軽に外食していたけれど、夫とふたりで囲む食卓にはまた違うリラックス効果があるのを実感したそうです。ふたりきりの時間、美味しい手料理がより愛しさを深めてくれますね。

③金銭感覚が変わった

Family buying new house from broker

「結婚して大きく変わったのは、無駄遣いをしなくなったことです。生活費は夫と合わせていますが、やっぱり子どもを産みたいしマイホームもほしい。独身の頃はこういう考え方ができなかったけど、いざ夫と暮らすようになってお金の使い方に気を使うようになりました。ふたりであれこれ計画を話し合うのも楽しいし、共通のお財布を作って外食に行くのも夫婦っぽくていいなと思います」
(30歳/総務)

お金の話は、夫婦こそ正面から話し合いたいこと。一生をともに過ごすなら、計画的な使い方を話し合える夫婦が理想ですよね。いざ結婚すると、これからの“ふたりのライフプラン”が見えてきます。それを違和感なく受け入れ、金銭感覚がバージョンアップしていくのもよい変化です。結婚生活はふたりでするもの、という自覚を持てるのですね。


交際と違い、結婚はふたりでの生活がより身近になります。ライフスタイルを変えていくのは、ふたりが幸せに暮らしていくために欠かせないことかもしれません。無理なく変化を受け入れる姿勢を持っているのが、幸せな既婚女性の特徴といえます。

▼あわせて読みたい記事はこちら

あなたにオススメ記事

関連記事

ページ上部へ戻る