こだわりたいあなたに♡ウェディングアイテムDIYのススメ

Women in arts and crafts

大好きな彼と待ちに待ったウェディング! 一生に一度のイベントということもあり、できる限り自分の理想通りに仕上げたいですよね。そこで自分らしさを思いっきり出せるのが、ウェディングアイテムのDIY気になっている人もいるのでは? 実は筆者もウェディングではさまざまアイテムをDIYしたひとり! うまく活用すれば、節約にも繋がる……そんなウェディングアイテムのDIYについて、体験談を踏まえてご紹介します。

DIYって難しそう…誰にでもできる?

Overhead view of a young woman making jewelleryDIYと聞くと、なんだかノコギリで木の板をギーコギーコ、または繊細な指使いで細かいものを作りあげる……という本格的なイメージを持っていませんか!? 実は筆者も最初はそういうイメージがありました。ですが、安心してください! 今までDIYとは縁がなかったビギナーでも、席札やウェルカムボード、リングピローとたくさんのアイテムをDIYすることができるんです。取りかかってみると意外と簡単で楽しい、DIYのポイントをご紹介します。

難易度低め♡定番DYIアイテム

まずはDIY初心者でも簡単にとりかかれるウェディングアイテムです♡

☑ ペーパーアイテム

How to make card. craft items and tools for handmade invitation cart. Diy concept, mock up greetings card招待状、席次表、席札などのペーパーアイテムはウェディングのDIYできる定番アイテムです。しかも自分でDIYすることで節約にも繋がります! このペーパーアイテムは、デザインや文章を入れて簡単に作成できるサイトがたくさんあり、プリンターを持っていなくても印刷までしてくれるところばかりなので手間もかかりません。筆者が作成したのは、席札とゲストが来たときに名前を書く芳名帳。パソコンやお絵かきアプリを使い、自分でイチからデザインできたのが楽しかったです♡ 招待状と席次表も作ろうかなと思っていましたが、招待状は結婚式場に気に入ったデザインがあったのでそれを注文。席次表は友人に「急な欠席で変わったりすることもあるから、式場で頼んだ方がいいよ」とアドバイスをもらったので、DIYしませんでした。よければ参考にしてください♡

☑ テーブルナンバー

Table setting for an eventゲストテーブルの目印となるテーブルナンバー。好きなデザインで印刷したものを、お気に入りのフォトフレームに入れるだけで完成です! 数字やアルファベットをゲストにわかるように表記すればいいだけなので、とっても簡単。筆者は、キャンドルにドライフラワーとアルファベットのタグを巻き付けて輪切りの丸太の上に乗せ、ナチュラルなテーブルナンバーを作りました♡

☑ ウェルカムスペースのアイテム

Welcome Boardゲストが結婚式場に到着した際、まず目にするのがウェルカムスペース。こちらも比較的、自分が好きなようにアイテムを選んでコーディネートできます。定番であればウェルカムボード。木製ボードに文字を入れたり、ふたりの写真を飾ったり、フラワーを飾ったりとデザインは十人十色! 木の枝に写真やゲストからのメッセージを飾れるウェルカムツリーも人気ですよね。ふたりのイニシャルでオブジェを作ったり、ちょっと難易度は高くなるかもしれませんが、ふたりに見立てたウェルカムドールを作ったりとアイディアも無限大♡

☑ リングピロー

Top view of wedding rings in a box挙式で行われる指輪交換のセレモニーが始まるまで、指輪を置いておくものをリングピローと呼びます。リングピローと検索すると、クッション系のものの画像がズラーっと出てきて「裁縫なんてできない」と感じる人は多いかも知れません。でもリングピローも自由にDIYできるウェディングアイテム。クッションでなければダメということはなく、ガラスや木などでできた小さめの箱にドライフラワーやプリザーブドフラワーを好きなように敷き詰めるだけでかわいいリングピローができちゃいます♡ 箱にこだわったり、好きな花を選ぶことによって自分らしさの演出もバッチリ。

もっとこだわりたい♡上級者向けDIY

ここからは、少し難易度が高いDIY上級者向けのウェディングアイテムを紹介します♡

☑ ムービー各種

Video app logo on dark mode phone screenオープニングやエンディング、そして中座の際にもゲストに楽しんでもらうように流すものなど、ウェディングの演出にムービーは欠かせないものになっています。このムービーも自分でDIYできるのですが、ちょっと難易度は高め。筆者も中座のときに流すムービーのDIYにチャレンジしてみたのですが、何回もつまずき、挫折しかけました……。しかし、自分が作り上げたムービーが会場で流れるのは感動もの! 動画編集やパソコンに詳しい人はぜひDIYしてみることをオススメします♡

☑ ブーケ・ブートニア

Wedding flowers in hand the bride and her bridesmaids.新婦に欠かせないウェディングアイテムといえばブーケ! 新郎のタキシードの襟につけるブートニアと共にウェディングのイメージにピッタリなものを作ってみてもいいですね♡ プリザーブドフラワーやドライフラワーでDIYすると前撮りと当日どちらでも活躍する上に、結婚式が終わってからもブーケを新居で飾って楽しむことができます♡ 花束タイプのブーケも素敵ですが、リースブーケもリースに花材をグルーガンなどでつけていくだけなので意外と簡単。ただ、花の種類や見せ方など、センスが重要なアイテムなので難易度は高め。筆者はセンスと時間が足りなかったのであきらめてしまいました……。

☑ 親御様への贈呈品

Father embracing his daughter in parkウェディングのラストには、新婦の手紙と共に親御様へ花束やプレゼントを渡すのが主流です。この贈呈品もDIYすることが可能! 「子育て感謝状」という「今まで育ててくれてありがとう」の気持ちを込めたものをDIYするのが人気です。これには「こう作らなきゃいけない」という決まりはないので、ウェルカムボードなどと同じように自由に作ることができます。筆者は大きなフォトフレームに家族の写真や前撮りの写真を入れて、フレーム部分に好きなようにグルーガンで花をつけました! 親御様への気持ちをたくさん詰めた手作りの贈呈品、きっと喜んでくれるでしょう。

DIYで参考になるウェブサイト

Concentrated caucasian woman at home using a notebook and having a vision problems with eyeglasses and screen device - technology and adult people watching a movie on computerネットで検索すると、ウェディングに関するウェブサイトってたくさん出てきますよね。その中から筆者が「使える!」と感じたサイトをご紹介しますね。

まずはプレ花嫁さんならほぼみんなが見ているであろうみんなのウェディング。口コミや結婚式レポなどプレ花・卒花たちのリアルな声が充実していて、ウェディングDIY情報もたくさん掲載されています。
次いでこちらの美花嫁図鑑furnyは、実際にプレ花嫁さんがDIYしたアイテムのことを記事にしているのでリアルな情報を収集できます。
またWedding Parkは、編集部が実際にDIYした過程をたくさんの写真付きでわかりやすく説明してあって、初心者さんには特にオススメのサイトです!
ちなみに筆者もブログ「fleurmur」でも、自分がDIYしたウェディングアイテムの作成過程を少し紹介しています。もしよければ遊びにきてください♡

DIYするとき便利なハッシュタグ

Instagram application on Apple iPhone Xここまで読んで、「ウェディングアイテムをさっそくDIYしたい!」という気持ちになってきましたか? そうなると、「どんなデザインにしよう……」と悩んでしまいますよね。そこでアイディアをもらうために、インスタでハッシュタグ検索をしてみましょう♡ トレンド満載のオシャレなDIYアイテムが山ほど出てきます。#花嫁diy」で全体的にアイテムを眺めてみるのもよし、作りたいウェディングアイテムを入れて「#〇〇手作り」とピンポイントで探すのもよしですよ♡ 例えば、「#席札手作り」とかになります。

DIYアイテム・素材の集め方

Creative Woman Focused on Workアイディアが浮かび、デザインが決まったのなら次は材料を集めなければいけませんね。まず押さえておきたいのはDIYの強い味方、100均です♡ 100均はいろんな素材や道具が揃っており、なおかつ新商品も日々たくさん出ています。筆者もかなりお世話になりました。組み合わせや見せ方で、100均とは思えないハイレベルなウェディングアイテムを作ることもできますよ♡ 次に活用したいのがネットショップ。身近で買えないものが、検索するだけで手に入れることができるので便利ですよね。そして意外と外せないのがホームセンターです。ウェルカムボードの土台の板や、ペンキなど様々な種類があり重宝します。飾りのドライフラワーやプリザーブドフラワーなどの花材は、花屋さんに足を運ぶのがオススメ。少量や小さなものであれば、手芸屋さんでも販売していますよ。

ウェディングDIYの注意点

iStock-611082616無事にすべての材料を揃えることができたら、さっそくウェディングアイテムをDIYしていきましょう! しかし、ここで注意点が3つ。

①時間に余裕を持つ

②こだわりすぎない

③道具の扱いに注意

ウェディングアイテムのDIYには時間が必要です。普段DIYをしない人であれば、なおさら多くの時間が必要になってきます。そこに、さらに結婚式の打ち合わせも入ってきますね。「本番直前に間に合わなくて連日徹夜……」なんてことにならないように、時間に余裕を持ちましょう。そして、こだわりすぎてしまうとDIYの難易度も高くなり、費やす時間も増えてしまうので、「無理そう」と感じたらほどほどにしておくのもひとつの手です。最後に、DIYにはグルーガンなど普段使わないような道具を使う場面も数多くあるので、充分取り扱いには注意してくださいね。


今や定番化したウェディングアイテムのDIY。何かいいアイディアは浮かびましたか? 素敵なウェディングアイテムを作って、世界にひとつだけの自分たちらしい結婚式を挙げてくださいね♡

▼あわせて読みたい記事はこちら

あなたにオススメ記事

関連記事

ページ上部へ戻る