結婚式場選びって、どうするの?私が決断するまでのポイント大公開!

Chapel in the morning

いよいよお付き合いをしていた彼氏と結婚……。そうなると、気になってくるのは結婚式ですよね♡ 「結婚式ではあんなことやこんなことをしたいな……」と妄想がふくらみますが、まずは結婚式場を決めなければ何も話が進みません。さっそく取り掛かろうとしても、その選び方がわからない人も多いのでは? そこで今回は、筆者が結婚式場を実際にどうやって選んで決めたのか、その選び方をご紹介します!

結婚式を挙げたい!そのときの知識は…

word wedding on calendar with sweet flowers

今の夫と付き合っていた当時、結婚の話が固まってくると同時に「結婚式を挙げたい」という気持ちも強く出てきました。その頃から直近で結婚式を挙げた友達や、これから挙げる友達に詳しく話を聞いて情報収集をしていた筆者。きっとこのように友達に聞いている人は多いかと思います。ですが結婚式場の雰囲気や、料理やスタッフの印象など、上辺のことを軽く聞きかじった程度です。どのように準備をしなくてはいけない、など詳しいことは何もわかっていませんでした。「結婚式を挙げたい」と思ったときに何も知識がなくても、調べながら段取りして行けばまったく問題ありません。安心して次のステップへと進みましょう♡

結婚式場の候補はどのように選んだ?

In celebration of love「結婚式を挙げたい」と思ったら、まず結婚式場を決めなければいけません。ですが、結婚情報誌の厚さを見てもわかる通り、式場ってとてもたくさんあるんです。選ぶといっても、その数の多さに迷ってしまうことは必至です。地方に住んでいる筆者でさえそうでした。ですが、「自然が溢れるガーデンウェディングで、みんなとワイワイしたい」と自分がやりたい結婚式に対するイメージがしっかりあったので、そのイメージに近い結婚式場を、結婚情報誌の中から手当たり次第ピックアップ。そのうえで、さらにピンときた会場に絞り込んでいきました。それだけでも、ずいぶんと式場は厳選されますよね。「煌びやかな会場のホテルウェディングがいい」とか、「海が見える結婚式場がいい」など自分の理想の結婚式のイメージを固めることがポイントです! 「白馬の馬車に乗りたい」とピンポイントで理想を固めていた子も筆者の友達にはいましたよ。

ブライダルフェアには何軒行った?

wooden chairs with a laurel wreath on terrace restaurant筆者の場合、イメージに合う結婚式場として5軒ほど候補があったのですが、実際にブライダルフェアに行ったのは3軒でした。最初に行った結婚式場で「あまり行き過ぎても、余計迷ってしまう人が多いです」とプランナーさんに教えてもらったからです。そのプランナーさん曰く、「どのサービスがどこの結婚式場かわからなくなってしまう人もよくいます」とのことで、3軒くらいにした方がいいとのことでした。そのため、候補に上がった5軒の結婚式場で、周りからの情報やネットの口コミ、インスタグラムなどの写真を調べて最終的に3軒に絞ることに。本当はもう1軒ブライダルフェアに行きたい結婚式場があったのですが、仕事の都合がなかなか合わずに諦めることにしました……。チャンスが来てもことごとく仕事で行けなくなってしまったので、「これは『この結婚式場は選ぶな』ということかもしれない!」と直感を信じ諦めた次第です。

ブライダルフェアでのチェックポイントは?

Table setting for an event partyブライダルフェアに行く結婚式場も絞れたら、いざ見学! まず気になったのは会場の雰囲気でした。ネットで調べればたくさん出てくる結婚式場の写真。しかし実際に来てみて見るのとでは印象がだいぶ変わってきます。「本当にイメージ通りの結婚式場か」というところを一番に見ていました。スタッフの対応もチェックすべきポイントですよね。案内してくれるプランナーさんだけではなく、ブライダルフェア中に出会った別のスタッフさんの対応も要チェックです。それと挙式や披露宴の会場、そしてお手洗いなどがわかりづらくないか、などゲスト目線でのチェックも忘れずに! 筆者は、足が悪い祖母がスムーズに会場を行き来できるか、赤ちゃん連れの友達が子どもを安心してお世話できる場所はあるか、などをチェックしていました。衣装にこだわりがある人は、ドレスのチェックもお忘れなく!

成約した結婚式場の決め手はなんだった?

Bride and groom in the altar筆者の場合は「打ち合わせしやすくゲストも来やすい立地」が一番の決め手となりました。友達や親戚など周りの人たちから「そこの結婚式場は料理がおいしいよね」や、「スタッフの対応がよかった」などいい評価が多かったことも後押ししたかたちになります。それとプランナーさんがとても話しやすかったのも選んだ理由のひとつです。プランナーさんはどこの結婚式場も話しやすくいい人ばかりでしたが、決めた会場のプランナーさんは「自分たちの心にしっかりと寄り添ってくれそうだな」と感じたのです。しかし残念ながら、筆者のイメージしていた「自然溢れる結婚式場」とは正反対の会場になってしまいました……。自然溢れる結婚式場は郊外にあることが多く、筆者の周りでもアクセスを優先するか、雰囲気を優先するかで分かれがちになっています。

成約しなかった結婚式場の理由はなに?

Young couple成約しなかった結婚式場は、先ほどの反対で「少し離れた郊外にあり、行きづらい立地」ということが大きな理由です。結婚式の打ち合わせは頻繁にあります。筆者の場合、少し特殊なパパママ婚という結婚式だったので、小さい赤ん坊を連れて何度も遠くに行く自信がなく近くの会場に決めました。また、遠方から来てくれるゲストも多く、飛行機や電車で来てくれた上にさらに駅から会場まで送迎バスで1時間近くかかる……、となると負担も増えます。そのため立地を最優先にしたのです。見学した結婚式場の中には、プランナーさんが早く成約をとりたいようで日程がタイトな提案をされたり、短期間に何度も「どうですか?」という電話がかかってきたりしてちょっとうんざりしてしまったのもあります。そこで「自分たちの意見をあまり聞いてもらえなさそうだな……」と感じちゃったんですね。

結婚式場を決めきれないときは…

Wedding flower decor in the summer garden素敵な結婚式場ってたくさんあります! 優柔不断な人だと、なかなかひとつに決めきれなかったりしますよね。そういうときは自分たちの理想の結婚式で譲れないポイントを3つだけ書き出してみましょう! そこに優先したい順位をつけます。例えば筆者ならば、「自然溢れる結婚式場」「行き来しやすい立地」「自分たちの予算内に収まるか」でした。パパママ婚ということもあり、子どもが産まれ「自分たちのためだけにお金を使えないな……」とも感じたので、優先順位が上から「立地」「予算」「自然」という結果に。そうなると、3軒ブライダルフェアを行っていた中で立地がいい会場がひとつしかなかったのでそこに決めることになりました。筆者の場合は大雑把に条件を3つ出しましたが、例えば会場の雰囲気ひとつを取っても、具体的に「緑に囲まれている」「海が見える」「ゲストとの距離が近い」などたくさんのポイントが出てくるでしょう。その中からさらに優先順位を決めることで式場を選ぶ指針ができ、検討しやすくなってくるはずです! どんな結婚式を挙げたいか、明確に想像してみましょう♡


結婚式の一番の要となる、結婚式場選び。今回は筆者の選び方を紹介しました。一生に一度しかないからこそ、なかなか決断できなかったりもしますが、ポイントを押さえることで素敵な結婚式を見つけられるハズ♡ 自分を信じて結婚式場を決め、さらに次のステップへと進みましょう!

あなたにオススメ記事

関連記事

ページ上部へ戻る