はちみつが美容にいいらしい♡洗顔や化粧水と一緒に使うスキンケアを紹介!

lindsay-moe-534750-unsplash

はちみつはたくさんの栄養が含まれている健康食品としても有名ですが、美容にもとっても効果があるのを知っていますか?

はちみつを食べるだけでも体の中からお肌を綺麗にしてくれる効果もありますが、実ははちみつを使ってスキンケアもできちゃうんです。

夏は特に日差しが強くて、お肌はダメージを受けてしまいがちです。そんな時にあなたの美肌を復活させてくれるのが、天然の美容液とも呼ばれているはちみつを使ったスキンケア!

そこで今回は、自宅でも手軽にできるはちみつスキンケアの方法をいくつかご紹介したいと思います。

はちみつに含まれる成分

chinh-le-duc-262616-unsplash

はちみつはとても栄養豊富な食材!ビタミン類からミネラル類まで、はちみつには広く栄養成分が含まれています。

ハチミツに含有されているビタミン類には、ビタミンB1・B2・B6・葉酸・ニコチン酸・パントテン酸・ビタミンC・ビタミンK・ビオチンなどがあり、ミネラル類としてはカリウムを多く含んでいる他、ナトリウム・カルシウム・マグネシウム・リン・亜鉛・鉄・銅・マンガンなどが含有されています。(引用元

 

◆肌荒れ防止効果
はちみつに含まれるビタミンB群は、美肌になるには欠かせない栄養素で肌荒れ防止に効果があります。
特にビタミンB2、B6は皮膚の炎症を抑えたり、皮脂をコントロールしてくれてニキビ予防にも効果抜群!

◆殺菌効果
はちみつには強力な殺菌作用があり、ニキビにもよく効くと言われています。
咳や喉の痛みにもはちみつがよく効くとされているのは、はちみつが喉の粘膜の雑菌を殺して炎症を抑えてくれるからなんです。

◆保湿効果
アミノ酸はお肌を健康に保つコラーゲンを作る栄養素です。
アミノ酸が不足するとお肌がくすんできたり、ハリが失われてしまいます。
はちみつにはこのアミノ酸が含まれていて、お肌の潤いを与えて乾燥から守ってくれます。

参照①参照②

洗顔フォーム+はちみつ

adult-blur-clean-545014

いつもの洗顔フォームにはちみつをプラスするだけで、肌の活性化が促され新しい肌が作られやすくなり、美肌効果アップです。

分量は「はちみつ1:洗顔フォーム2」。泡だてネットに洗顔フォームとはちみつをのせて混ぜ合わせるように泡立てると、キメの細かいホイップ状の泡ができます。

ゴシゴシと洗わずに、泡を顔の上で転がすようにして優しく洗顔します。あとはいつものようにぬるま湯で洗い流すだけです!

参照①参照②

化粧水+はちみつ

tania-fernandez-557224-unsplash

はちみつは水分と混ぜると浸透性が高くなります。普段使っている化粧水に少量のはちみつを混ぜると、はちみつの美容成分がお肌に浸透しやすくなります。

さらに、はちみつには保湿成分もあるので化粧水が蒸発するのも防いでくれます。分量は「はちみつ1:化粧水5」。これは洗い流さないため、はちみつは少量に抑えるとべたつかなくていいですよ。

手のひらの上で温めながらはちみつを化粧水とよく混ぜ合わせ、顔全体にプレスするように塗ります。お風呂上がりのお肌が柔らかくなっている状態の時に、はちみつを混ぜた化粧水をつけるとお肌がプルプルに!

化粧水とはちみつを混ぜて作り置きすることもできますが、防腐剤が含まれていないので3、4日で使い切るようにしましょう。

参照①参照②

はちみつパック

kevin-laminto-608589-unsplash

はちみつの成分が含まれているパックも市販されていますが、はちみつさえあれば自宅で簡単にはちみつパックができちゃうんです!しかも、はちみつだけだと化学薬品などの添加物も含まれていないので安心です。

やり方はとっても簡単。お風呂上がりの肌が柔らかくなっている時に、約スプーン1杯のはちみつを顔全体に塗り、その上からフェイスマスクでフタをします。はちみつが多過ぎてもよくないので、顔から垂れない程度に量を調整します。

フェイスマスクは100円ショップなどでも売っていますが、サランラップでも代用できます。その状態で5分ほどおいたら、ぬるま湯で洗い流してパック完了です。

参照①参照②


以上、はちみつを使った手軽なスキンケア方法をご紹介しました。

スキンケアに使うはちみつは、原材料がはちみつ100%のものを選ぶようにしましょう。なかには砂糖が加えられているはちみつもあるので注意が必要です。

夏の日差しを浴びた後は、ぜひ美容効果たっぷりのはちみつスキンケアを試してみてください。

※アレルギーが心配な方は使用前にパッチテストを行ってくださいね!

▼あわせて読みたい記事はこちら

あなたにオススメ記事

関連記事

ページ上部へ戻る