皇居は日本随一のパワースポット!その理由と御利益とは?

37cea0aa7ae3cd834b7159e04fdaa07a_s

パワースポット、そこは癒しがあり、エネルギーを吸収でき、そして運気を向上できるという特別な場所です。健康回復、商売繁盛、そして恋愛成就などいろいろなことに効果があるとされていますね。

東京都内にもいくつものパワースポットがあるのですが、なんと東京のいや日本の中心ともいえます皇居が最強のパワースポットなのだそう。

皇居はなぜパワースポットとされているのでしょうか、どこへ行けばいいのでしょうか、どんな御利益があるのでしょうか。探ってみました。

皇居がパワースポットである理由

55a6395e72a03a5e112079ff102b2c6c_s

皇居全体がパワースポットになっているは、たまたまなどではなく、理由があります。

実は現在の皇居、すなわちかつての江戸城はパワースポットとなるように作られたのです。そしてまた江戸の町全体が悪霊を退け、平穏を維持できるように設計されていたのです。

江戸幕府を開いた徳川家康には、天台宗の僧侶である南光坊天海(なんこうぼうてんかい)という非常に優秀なブレーンがいました。この天海、慈眼大師が、そもそも幕府を江戸に置くということを決め、そして江戸城および江戸の町全体の安全が確保されるように設計していったとされています。※諸説あります

まず、『四神相応(しじんそうおう)』といわれる風水にのっとり、江戸が長く栄える地となると考えました。

四神とは……

●東の青龍、流水を意味し隅田川など河川を指す
●西の白虎、大道を意味し東海道を指す
●南の朱雀、湖沼を意味しここでは江戸湾を指す
●北の玄武、丘陵を意味しここでは富士山を指す

特に、この富士山から流れる『龍脈』というエネルギーが江戸城となる土地に吹き出ている、そこが『龍穴(りゅうけつ)』である、と見抜いていたのです。『龍穴』は陰陽道や古代道教、風水術において繁栄するとされている土地のことで、最強のエネルギーポイントです。

さらに、陰陽道にしたがって、江戸の中でも本当にその中心となるところに江戸城本丸が置かれるように設計し、さらに、不吉な方角とされる、鬼門(北東)と裏鬼門(南西)をしっかりと守りました。

鬼門には寛永寺を上野に建て、神田神社(明神)を湯島に移し、浅草寺にも家康を東照大権現として祀りました。裏鬼門にあった増上寺には二代将軍秀忠を祀り、日枝神社を現在の場所に移しました。現在鬼門のライン上には東京スカイツリーが、裏鬼門のライン上には東京タワーが佇んでいます。

また、古くに関東を支配した平将門を祀った神田神社(明神)などのいくつかの神社を街道に置き、街道からの悪霊の侵入を防いだとされています。

最もパワーが強い皇居東御苑

aa3f7665476d9262e46f221a1e202a72_s

全体がパワースポットである皇居ですが、その中でも特にパワーが強いのが、皇居東御苑の江戸城本丸天守閣跡地。現在は宮内庁の管理している庭園となっていて、1968年から一般に公開されており、日本庭園、雑木林、芝生広場などがあり、また古く江戸時代からの名残の史跡もいくつか残っています。

今は庭園となっているその跡地が、日本一といわれるほど強力なパワースポットとなっていて、『非常に強力な超自然的エネルギーが円柱状に湧き出ている』とされています。というのも、庭園内には井戸があるのですが、その井戸が『龍穴』が吹き出る場所となっていてるのです。

パワースポットというと、「何に効くパワーなの?」と思いますが、ここ皇居は万能のパワー。全体運をアップすることができるといわれています。また立ち入ることができない皇居中心部にも、非常に強いパワースポットがあるとされています。

恋愛のパワースポットは二の丸庭園


View this post on Instagram

石川彩さん(@watashiga.aya.desu)がシェアした投稿


皇居は全体運に効くパワースポットとご紹介しましたが、幸せを呼び込んで特に恋愛のパワースポットといわれているのが、二の丸庭園

二の丸庭園の中にはひっそりと井戸があり、無色透明な水が入っているはずなのに井戸の中は白く見えることから、『神秘的な井戸』といわれています。導かれた者を浄化するパワーを秘めているともわれるパワースポットです。

でも本当にひっそりとしているため、気づかれないこともしばしば……だからこそ、井戸に導かれた人は「ご縁がある」といわれ、恋愛にも効くとされています。皇居デートをしたときに、彼と井戸にたどり着けたら、ふたりのご縁は永遠のものかもしれませんね。


富士山からのエネルギーが到達し、悪霊が入り込めないようにつくられたところが、皇居であり東京なのですね。

また、皇居周辺もパワースポット。皇居外苑となる、地下鉄大手町駅近く、パレスホテル隣の和田倉噴水公園も良質な『気』があふれ、心が浄化される場所となっています。そのほか、半蔵門周辺、桜田門周辺、二重橋と楠正成銅像のあるあたりでもエネルギーを吸収できるようです。

是非一度、皇居とその周辺へ行ってパワーを感じてみましょう。東御苑は誰でも無料で入ることができます

2018年の3月27日には開園以来の入園者数が3000万人となり、記念すべき入園者となりました英国からのお客さんには記念品が贈呈されました。

 

皇居東御苑

アクセス
地下鉄大手町駅、竹橋駅、二重橋前駅より徒歩5分程度です。

公開時間
11月1日から2月末までは、9:00~16:00(入園は15:30まで)

休園日
毎月曜日、金曜日(祝日には公開されます)
12月28日から1月3日
その他臨時休園あり

▼あわせて読みたい記事はこちら

あなたにオススメ記事

関連記事

ページ上部へ戻る