【東京】お花見デートはやっぱり目黒川♡混雑回避のおすすめの歩き方をご紹介!

6d1392100f50a8be849e42257e3ceb54_s

春のデートは、寒い冬を耐えたご褒美にきれいな桜を彼といっしょに見に行きたくなりますよね。東京でのお花見は、大人気スポット・目黒川ははずせません。

「でも、目黒川ってすごく混むんだよな……」と思っているカップルに向け、目黒川お花見のおすすめの歩き方をご紹介します!

目黒川は大人気お花見スポット

6b74291d60dc1e78a3c10a39892f7c4a_s

目黒川の桜は、東京で最も人気のお花見スポットの一つです。約8kmの目黒川のうち、4kmにもわたって約800本のソメイヨシノが咲き誇ります。

毎年3月下旬~4月上旬が見ごろになります。

周辺にはオシャレなレストランも多く、カップルで訪れるのにはピッタリ。また夜は桜がライトアップされたり、クルーズ船から眺められたりと趣向も凝らされています。

目黒川の桜おすすめの歩き方

IMG_2671

混雑の中でにぎやかに見物するのもいいのですが、彼とふたりでロマンティックにお花見散歩を楽しんではいかがでしょうか。

日程としては、満開予想が出ましたらその日でもいいですし、あるいは少し前の日の午前中など、できるだけ早い時期・時間に訪れるのがおすすめです。人通りもまだ少なく、美しい桜並木を彼とふたりで独占できているような気がしますよ。

とはいえ、土日しか行くことができない場合は、混雑必至ですよね。そんなときのために、混雑を回避するおすすめの歩き方をご紹介します!

まず、東急田園都市線「池尻大橋駅」で下車してください。池尻大橋駅は渋谷駅から田園都市線の最初の駅、中目黒駅は渋谷駅から東急東横線の二つ目の駅です。大橋から中目黒駅までゆっくり歩いて40分くらいとなりますね。

地上に出ましたら国道246号線下り車線側の歩道を少し渋谷方面に歩きます。首都高速大橋ジャンクションの手前の歩道の橋が「大橋」、そしてその下を流れていますのが「目黒川」。ここがお散歩のスタート地点です。短い橋ですが、そこから川を見渡してみましょう。両岸から綺麗な薄ピンク色の桜の花がせり出しています。しかし川が左へカーブしているためその先が見えず、どうなっているのか興味がわいてきますよ。

川のどちら側の道でも構いませんので、下流へ進んでいきましょう。しばらく進みますと、朱に塗られている欄干のかけられた橋があります。「中の橋」です。橋の色が、桜の薄いピンク色を引き立てています。

その次の橋が「南部橋」で、ここから川は「中目黒駅」までほとんど直線となります。橋の上から見ますと、両岸から川の上にアーチ状となっている満開の桜が、永遠に続くトンネルのような幻想的な景色となります。

この様子が目黒川の桜の見どころなのですね。お昼近くになりますと、人出も多くはなりますが、道沿いのお店や屋台も始まり、ちょっとおつまみと飲み物を手にしてのお散歩も楽しめますよ。

ライトアップやクルーズも楽しい

c8957a13227a9d28e4e30f9cfb561216_s

ライトアップを見てみたいという方は、南部橋の三つ先の「天神橋」から、中目黒駅を過ぎた「宝来橋」までの間となります。日没時から21時頃まで行なわれます。

詳しいスケジュールは中目黒駅前商店街公式HPにて確認してください。https://www.nakamegu.com/archives/704

「目黒川お花見クルーズ」は下流の天の州アイルから五反田付近までで行なわれています。人気のクルーズ船ですので予約が必要なのですね。

株式会社ジール公式HPで確認を。http://www.zeal.ne.jp/plan/145.html


今年のお花見は毎年大人気のお花見スポット、目黒川に彼を誘ってデートしてみてはいかがでしょうか。確かに混雑はしていますが、活気があって楽しい雰囲気の中楽しむのもお花見の醍醐味!

短い期間だけのお楽しみであるお花見で、素敵な思い出をつくってくださいね。

 

【目黒川】
東急東横線中目黒駅すぐ

【大橋】
東京都目黒区大橋2-24-1
東急田園都市線池尻大橋駅から徒歩約2分

▼あわせて読みたい記事はこちら

あなたにオススメ記事

関連記事

ページ上部へ戻る