【東京】桜並木のお散歩デートなら文京区播磨坂!おすすめ周辺カフェもご紹介

f245c8f6c8d748663472e9454e568000_m

春のデートといえば、一度はお花見に行きたくなりますよね。

有名なお花見スポットは数あれど、その規模や楽しみ方は様々です。お友達や会社で行くお花見はワイワイお酒を飲みながら楽しめる公園などがいいですが、彼とデートで訪れるのであればお散歩をしながら眺めるお花見というのもいいのではないでしょうか。

そこで、東京都内屈指の桜並木を誇る、文京区にある播磨坂(はりまざか)についてご紹介します!

播磨坂の桜並木

View this post on Instagram

@shoji_saraiがシェアした投稿

播磨坂は、江戸時代にはこの地に松平播磨守(まつだいらはりまのかみ)のお屋敷がありましたのでこう呼ばれています。

この播磨坂は歩道部分を含めるとおよそ50mもの道幅となり、その両側の歩道および中央分離帯に桜が並んでいて、3列の並木となっているのです。約500mある通りの両側と中央に、約120本の桜が咲く様子は息をのむ美しさです。

播磨坂の桜並木なら、カップルで歩くだけでお花見デートを満喫することができるはずです。

さくらまつりと夜桜見物

お花見でイベント気分を味わいたいという人であれば、播磨坂で期間限定で行われる文京さくらまつりに訪れるのもおすすめです。

文京さくらまつりは例年3月の最終週と4月の第1週にて行なわれ、2019年は3月23日(土)~4月7日(日)で開催されます。

その中の土日には、歩行者天国となりイベントを開催。例年、東京消防庁カラーガーズ隊パレード、東洋女子高等学校吹奏楽部演奏、文京区立窪町小学校吹奏楽クラブ演奏、文京区立茗荷谷中学校吹奏楽部演奏などが行なわれています。

また、ヤギやウサギなどの動物と触れ合えるコーナー、子ども紅白玉入れ大会などもあるので、ファミリーでにぎわいをみせていて文京区らしいおだやかな雰囲気を楽しめます。

期間中は日没後夜9時頃までぼんぼりが点灯され夜桜見物もできます。彼とデートで行くなら、この夜桜の時間がいいかもしれませんね。 緩やかな坂道をゆっくりと、見事に咲き誇る桜を見ながら下って上るだけでも価値のある並木道です。

所在地:
文京区小石川4丁目

アクセス:
東京メトロ丸の内線茗荷谷駅 徒歩約7分
都営バス都02、都02乙 小石川四丁目、小日向四丁目バス停下車 徒歩約1分

周辺のおすすめ和菓子店とカフェ

さて、この播磨坂のそばにちょっと有名な和菓子店とカフェがあります。お花見だけでも十分楽しめるとは思いますが、合わせてカフェデートも楽しめたら、より思い出深い一日となるはずです。

お菓子調進所 一幸庵

ご店主の水上力さんは修行を重ねられて1977年にこのお店を開きました。

現在では世界に名だたる和菓子店となっています。どのくらいすごいのかといいますと、著名なパリのパティシエが餡子の作り方の教えを乞うためにわざわざ訪れるほどなのです。

看板お菓子であるわらび餅(380円)は、わらびの地下茎から3~4%しか取れないデンプンのみで作られた希少なわらび粉を使用。なので、一幸庵のわらび餅は、11月から6月ごろまでの期間限定での販売となっています。お花見の時期の行列は必至!電話予約も受け付けているので、ぜひ予約をしていってくださいね。

わらび餅は、食べた人ではないとこのお菓子の味を言い表せないほどだといわれています。ほか、最中(660円)、栗蒸ようかん、ぎんなん餅、椿餅、お赤飯などがありますよ。

所在地:
文京区小石川5-3-15

営業時間:
10:00~18:00

定休日:
日曜日、月曜日、祝日

電話:
03-5684-6591

Cafe竹早72

こちらのCafe竹早72は、上記にご紹介した一幸庵のご店主のお嬢さんのお店なのです。座席数10席という小さな和カフェで、ほっとくつろげる空間になっています。


一幸庵で作られた餡子を使ったメニューが揃っていて、白玉ぜんざい800円、おしるこ800円、あんみつ800円、薄茶ぜんざい900円 などとなっています。

この春、播磨坂の桜を愛でて、できるならば一幸庵のお菓子も味わってみたいですね。

所在地:
文京区小石川5-14-12

営業時間:
火曜日~金曜日 10:00~16:00
土曜日(隔週) 10:00~16:00

定休日:
日曜日、月曜日、祝日、隔週土曜日


桜並木が素晴らしい播磨坂と、その周辺カフェをご紹介しました!

お散歩しながらお花見をしたい、というデートの時にはぜひ播磨坂に訪れてみてはいかがでしょうか。

▼あわせて読みたい記事はこちら

あなたにオススメ記事

関連記事

ページ上部へ戻る