「結婚につながる同棲」ってどんなもの?意識したい3つのこと

tracey-hocking-727339-unsplash (1)

大好きな彼氏との同棲。できればこのまま結婚までつなげたい、と考える女性も多いと思います。

同棲止まりで終わってしまうカップルは、ズバリ「妥協できない」のが原因。ふたりのためになる「良い妥協」というものを探り、後悔のない結婚を迎えたいですね。どんなことを意識すれば良いのか、お話します。

意見が違うときはしっかり話し合う

matthew-henry-86779-unsplash (1)

一緒に暮らしていると、どうしても意見が合わないときが出てきます。「この柔軟剤の香りが好き」とあなたが思っても、彼氏が「甘くて苦手だから変えて欲しい」と言えば考えなければいけませんよね。

「どうしてもこれがいい!」と自分の気持ちを通してしまうと、彼氏は生活にストレスを抱えてしまいます。「どんな香りなら大丈夫?」と尋ねることで、彼氏に「俺の意見を大事にしてくれるんだな」と伝わりますね。

逆に、彼氏の意見ばかりを受け入れてしまうのも問題です。我慢するのではなく、ぶつかるときは気持ちを聞き、歩み寄る姿勢を見せること。あなたのそんな姿を見れば、彼氏のほうも「彼女の気持ちを受け止めよう」と前向きな妥協ができるようになります。

お互いの時間を尊重する

sweet-ice-cream-photography-624496-unsplash

いつも同じ家で顔を合わせていれば、たまにはひとりの時間がほしくなるときもあるかもしれません。

「ちょっと図書館でも行こうかな」と彼氏が出かけようとするのを、「どうして一緒にいてくれないの?」と責めるのはNG。結婚生活ではもっと長い期間をふたりで過ごすのに、それぞれの時間を尊重できないようでは彼氏も幸せな結婚のイメージが湧きません

「気をつけてね」と笑顔で送り出せば、彼氏も帰宅が楽しみになります。せっかくひとりになれるのなら、自分も読書をしたり不要なものをまとめたり、有意義な過ごし方を考えたいですね。

「いつも一緒」は確かに幸せですが、同棲は同じ家に帰れることが一番大切なこと。別々に過ごすひとときがあっても、「そんな時間も大切よね」と思う気持ちがあれば、彼氏も「結婚してもリラックスできる」と考えられます。

ケンカしても逃げださない

andrik-langfield-1242378-unsplash

同棲で困ることに、ケンカしても逃げ場がない問題があります。出ていくのは簡単だけど、安易に逃げ出すのは解決から遠ざかり、「話し合う気がないんだな」と彼氏の気持ちも冷めてしまいます。

ケンカになると、どんな態度をとって良いかわからないし、機嫌の悪い彼氏にどう接するかでも悩みがち。でも、衝突したときはお互いのことを知るチャンスです。

自分の気持ちをしっかり伝えることは、彼氏の理解を誘うだけでなく彼氏にも考えてもらう機会になります。「彼氏が友達と出かけることが多い」のがケンカの理由なら、「友達が大事なのはわかるけど、私との時間も大切にしてほしい」まできちんと伝えましょう。

「ちゃんと帰ってきてるだろ」と彼氏は答えても、「私との時間」をないがしろにしていたことに気が付きます。言わないとわからないことはお互いにたくさんあり、ケンカはそれを知る良いきっかけにもなるのですね。

ケンカしても、逃げださないこと。問題を前向きに解決できる彼女であれば、彼氏も「結婚しても力を合わせてやっていけそう」とポジティブなイメージを持ちます。


結婚につながる同棲は、「良い妥協」をふたりで考えられる生活のことです。どちらかだけが満足するのではなく、ふたりが同じ気持ちで進んでいけることで、「結婚してもこんな感じなのかな」と暮らしを想像できるようになります。

お互いのことを受け入れようとする気持ちを、忘れずにいたいですね。

▼あわせて読みたい記事はこちら

あなたにオススメ記事

関連記事

ページ上部へ戻る