「亭主関白」な彼氏とはどう付き合えばいい?メリットやデメリットを紹介!

back-view-backlit-beach-1535244

「女は黙ってついてくればいい!」と「俺様」な態度が目立つのが、亭主関白な男性の特徴。

付き合うとストレスが多くなりそうと思う反面、関係をリードしてくれそうな力強さに惹かれる女性もいるかもしれませんね。亭主関白な男性とはどう付き合えば良いのか、メリットやデメリットをご紹介します。

亭主関白な男性の特徴

businessman-chairs-facial-expression-716411 (1)

亭主関白な男性には、以下のような特徴が見られます。

・「自分が一番」と思いこむ
・女性は「男より下がってついてくるもの」と考えている
・感謝しない
・謝らない
・尽くされるのが好き

これだけ読むと、とにかく偉そうというイメージを持つかもしれませんね。理想の彼女は「自分を立ててくれる」ことが必須であり、ケンカになっても謝らないし、彼女が何かしてくれても当然と思うので感謝することもありません。

ですが、亭主関白な男性は男らしさにこだわるため、お付き合いでは「自分がリードしていくこと」が当たり前だと思っています。デートの予定やプランなどしっかり考えてくれて、何かあっても表に立つことを嫌がらないので、頼れる面も大きいのですね。

亭主関白な男性のメリットって?

adults-affection-couple-698888 (2)

亭主関白な男性と付き合うメリットとはどんなところにあるのでしょうか?

亭主関白な男性は、「俺様気質」で感謝してくれないことも多いけれど、そのぶん彼女のやってることはきちんと見てくれるので一方的に別れを切り出すような無責任なことはしません

自分を盛りたて、男らしさを刺激してくれる女性が亭主関白な男性の好み。謙虚で控えめな女性を好きになる傾向があり、また付き合うと決めたら彼女を守ろうとする意識も人一倍強く持っています。そんな”男気”が亭主関白男子とお付き合いをするメリットといえるでしょう。

亭主関白の男性と相性が良い女性は、積極的に自分から男性と関わっていくタイプではなく、できればお付き合いも男性に引っ張っていってほしいと思う女性。また、ケンカになったとき、男性が悪くても謝ってもらえなければストレスになりますが、そんな場面でもさらりと流せる女性も相性が良いでしょう。「こんな男性」と割り切ることができ、自分の意思でついていく強さがあれば、亭主関白な男性とは安定したお付き合いができるといえます。

亭主関白な男性へは、こんな場面に注意!

couple-holding-hands-love-1636374

亭主関白な男性が嫌うのは、「自分の意見を否定されること」です。「自分が一番」と思っていたいので、考えに口を出されたり文句を言われたりすることは苦手。意見がぶつかりそうな場面では男性を立てるのが賢明です。

頑固な面があるので、自分のやり方を曲げられることも嫌うのが亭主関白な男性です。その頑なさが亭主関白な男性のデメリットといえるでしょう。「こっちが正しいよ」と合わせることを強制されると、わかってはいても怒りが出てしまうので、「こんなやり方もあるんだって!」とあくまで男性の気持ちを刺激しない言い方を工夫したいですね。

プライドが高いので彼女になると苦労しそうと思われがちですが、実は単純な性格なので、「立てること」「否定しないこと」に気をつけていれば、頼れる彼氏として力を発揮してくれると思いましょう。


亭主関白な男性は、女性に対する理想が高く「こうあるべき」という信念のようなものを持っています。それを見極め、ついていける女性は男性にとって大きな愛情を注げる存在となり、安定したお付き合いが望めるといえます。

亭主関白な男性との交際を考えるときは、まず自分との相性を考えてみましょう。

▼あわせて読みたい記事はこちら

あなたにオススメ記事

関連記事

ページ上部へ戻る