結婚前に確認を。「性欲」「金銭欲」女性に潜む2つの欲望、彼は満たしてくれる?

pexels-photo-341372c

あなたは結婚相手に何を望みますか?

「優しいこと」「家事を手伝ってくれること」「安定感」…などももちろん大切なのですが、ぜひ確認しておきたいことが2つ。それは、女性自身の「性欲」と「金銭欲」を満たしてくれるかどうかです。この2つは、自分自身で思っている以上に深層心理を支配しているのです。

そこで今回、女性の「性欲」と「金銭欲」について深堀りし、チェックするべきポイントをお伝えします。

 

女性は愛とセックスがワンセット

「結婚前に確認しておくこと」とネットで検索すると、たくさんの記事がヒットします。「ギャンブルはしないか」「金銭感覚は合うか」「家事能力があるか」「子供の教育について意見が合うか」などが書いてありますが、「セックスの頻度や満足度」は書いてありません。

見落としがちになってしまいますが、性に関することはパートナーシップにおいてとっても重要なのです。「性の価値観が合わないから結婚できません、とはならないでしょ~」と思うかもしれませんが、セックスレスで夫婦関係が破たんして離婚をする夫婦がいるのも現実です。

セックスを重要視するのは、女性は「愛とセックスがワンセット」と考えることが大きな理由です。性欲を満たすことと愛情を別物と考えればいいのですが(男性はこの傾向が強い)、女性にそういう考えの人は少なく、彼とのセックスがない=愛情がなくなったと考えてしまうのです。

 

そもそも、男女で性欲が活発になる時期に差があった!

「愛があればセックスするもの」と思っていても、そんな気分になれないときもありますよね。実は、体の仕組みとしても、男女では性欲が活発になる時期にズレがあるのです。

10~20代でピークを迎える男性と、30~40代まで続く女性。性欲はホルモンだけでなく、脳の働きや心理的な要因なども関係するので一概にはいえませんが、男女が性欲を感じる時期には少しズレがあるようですね。(引用元

男性側がセックスを拒否する場合、この性欲のピークの差も関係しているかもしれませんね。

 

人生がノッていないと男性は女性を抱けない

例えば仕事でトラブルを抱えて心が不安定なときに、男性はセックスする気になれません。単純に性欲が減退するのです。

女性は仕事とプライベートをきっぱり切り離したり、複数のことを同時に考えることができます。しかし男性はそうはいきません。働き盛りの30代40代の男性ほど、仕事の責任やプレッシャーがあるかもしれませんね。女性の性欲が活発になる時期に、男性はセックスする気になれないことは往々にしてあり得るのです。

 

結婚前にチェックすべきこと<性欲編>

☑付き合っている今、セックスに対しての不満はないか?

今からセックスの頻度や満足度に不満を感じているなら一度立ち止まってみるべき。彼ときちんと話し合ってみて不満を改善できるようにしましょう。

☑彼が抱いてくれないとき、待てる自信はあるか?

もし、彼側からセックスを拒否された場合。上記のような理由で、心身ともにセックスできる状態じゃない男性のことを見守ってあげられるでしょうか。拒まれたときに、男性にプレッシャーをかけてしまったり、「私のこと嫌いになったのね」とヒステリーになると、ますます男性は落ち込んでしまいますよ。

☑セックスに代わる、夫婦を満たす楽しみはあるか?

「性欲」を満たすことは本当に大切ですが、もし満たすことができなかった場合。セックスに代わる、夫婦を繋ぐ、夫婦を満たす楽しみはありますか?特にオススメなのが、「味覚の共有」です。食べることで得られる快楽は、性的な快楽と近いと言われているのです。

女性の「性欲」をないがしろにして後で後悔しないために、この3つのことを自分でよく考えてみてくださいね。

pexels-photonbb

 

とっても根深い金銭問題

女性の「性欲」と同時に「金銭欲」についても考えてみましょう。金銭欲というとピンとこなかもしれないですが、「自分が満足する生活を送るためにはお金がいくら必要か」ということです。結婚相手とのお金の価値観の一致とは少し違っていて、単純に自分の欲を満たすためのお金のことです。金銭欲があることは決して悪いことではありません。誰にでも金銭欲はあります。

「お金なんかじゃない。愛が大切」という気持ちもわかります。ただ、何十年も一緒に生活をすることを考えると、お金は本当に大切なことです。例えば、年に1回の海外旅行が生きがいだった女性が結婚して子供ができ、金銭的な理由で海外旅行に行けなくなったとします。旅行に行けないのが数年だけなら我慢できるかもしれませんが、生活水準が急に変わることは考えられないので数年どころか何十年も海外旅行に行けないかもしれません。お金が理由で何かを諦めなければいけないことは、とてもストレスになります。

 

夫婦喧嘩の原因にもなる「お金のこと」!

金銭に関することは、夫婦喧嘩の理由の上位にランクインしています。

1位:「言い方が乱暴などの言葉使いや物言いに関すること」

2位:「片付けや掃除などの生活態度に関すること」

3位:「無断外泊や、連絡なしに遅い帰宅などに関すること」

4位:「家事などに協力的でないなど家事に関すること」

5位:「給料や生活費、こずかいなどの金銭に関すること」

引用元

このランキングの中で、第5位の金銭に関することだけは、すぐに改善することが難しいですよね。例えば女性が専業主婦の家庭の場合、男性は頑張って働いてきているにも関わらずお給料のことで不満を言われたらイライラしますよね。反対に、女性も我慢していることはたくさんあるはずなのです。金銭的な理由でママ友との付き合いに消極的になったり、ママ友同士の持ち物やライフスタイルに劣等感を感じたり…。どちらも我慢したり不満を抱えている分、根深い問題となってしまうのです。

 

経済力の強い男性を求めるのは女性の本能

中には、「お金を重要視するなんて悪いこと」と思ってしまう人もいるかもしれませんね。でも、経済的に強い男性や性欲の強い男性を求めるのは、女性の本能ともいえるのです。というのも、現代のお金を稼いでくるということは、原始時代の獲物を捕ってくるということ。男性が獲物をどれだけ捕ってくるかで家族の生存率が決まりますよね。

人間にインプットされている本能というのは、昔も今も同じです。男性が「浮気は男の甲斐性。本能だから」というのと同じく、女性も「お金を稼いでくる男性が好き」と思ってしまうのです。

 

結婚前にチェックすべきこと<金銭欲編>

☑付き合っている今、彼に金銭的な諦めを感じたことはないか?

例えば、クリスマスや誕生日に特にお祝いをしてくれない彼。”記念日に興味がない”という価値観を持っているからならいいのですが、”お金がないからできない”という場合あなたは納得できますか?今、彼に持つ金銭的違和感は、結婚後不満に変わっていく可能性が高いです。彼の今の金銭状態を踏まえて、結婚したら譲れないこと、歩み寄れることを考えてみましょう。

☑共働きはできるか?

自分の金銭欲を満たすために、自分で働く!ということもひとつの選択肢です。

ある調査で22歳~39歳の働く男性99人に「結婚後の理想の働き方は?」と尋ねたところ、71.5%の男性が「共働きしたい」と答えていますデータ元。男性としても、共働きを求めている人が圧倒的に多いのですね。

ただ、共働きをしたくても子育てが始まればできない時期もあります。「子供を授かるまでは働く」「子供が小学校に入ったら働く」などとふたりで話し合っておくことも大切ですね。

☑お金のことで不満があっても男性を責めずにいられるか?

お金の問題は本当にデリケート。稼ぎが少ない!と責めてしまうと、男性はプライドがとても傷つきます。自分の頑張りを否定されていると思ってしまいます。「お金」の問題は、ギャンブルや浪費は別としてどちらが悪いということはないのです。男性も頑張って働いているわけですので、男性だけを責めてしまうのはお門違いなのです。

それを理解し続けることはできますか?そもそも、男性は今の稼ぎでも十分だと思っているのに、あなたの「金銭欲」がそれを許さないだけなのかもしれませんよ。

Closeup of woman holding shopping bags with copy space

結婚相手に求める条件で、実は自分が思っている以上に重要な「性欲」と「金銭欲」。あまり人に言えない「欲」だからこそ、人間の心理に根深く影響しているのです。

彼との結婚が目前の人、彼は結婚相手にふさわしいのかと考えている人、ぜひ自分が求める結婚相手の条件に加えて考えてみてくださいね。

▼あわせて読みたい記事はこちら

あなたにオススメ記事

関連記事

ページ上部へ戻る