同棲を考えはじめたカップルへ♡必要な準備5ステップ

kaboompics_Pink Flowers & Decorations

交際中のカップルが同棲をはじめる場合には、どんな準備をしておけばいいのでしょうか?

必要な準備を5ステップで流れに沿ってまとめてみました。

1.何を目的とした同棲にするのか

意外と決めていないのが、何を目的とした同棲にするのかということ。同棲すると婚期を逃すということを聞いたことがある人もいるかもしれませんが、それは何を目的とした同棲なのかをふたりで話し合わないからです。

まずは同棲についてきちんと話し合うことから始めてみてください。「ただ一緒にいたいから」と同棲を始めるのも悪くはありませんが、将来的に彼と結婚したいと思っているのであれば、その旨を彼に伝えておきましょう。

なんとなく察してほしくて、彼に何も言わないのはNGです。結婚したい気持ちをはっきりと彼に伝えることによって、彼もそのつもりで同棲を始めることができます。

2.新居への引っ越しのお金

お互いに同棲への意思が決まったら、一番に考えたいのはお金のこと。同棲をするときに、どちらか一方の家に行くのではなく、新しく家を契約してふたりで住む場合には、まとまったお金が必要になります。

一般的には、敷金、礼金、当月家賃、次月家賃、不動産仲介料、引っ越し費用が考えられます。

例えば、ふたりで10万円の部屋に引っ越すとして、敷金、礼金、不動産仲介料が家賃の1か月分だとしたら、50万円+引っ越し費用が必要です。さらに、家具家電をそろえるとなるともっとお金がかかりますね。

一気にまとまったお金が必要になるので、お互い貯金からどのくらい出すのか、もしくはふたりでいつまでにいくら貯めなければならないのかを決めておきましょう。

貯金が全くなく、同棲を始める場合には、どちらか一方の家に転がり込む形しか選択肢はありません。

3.新居に求める条件と優先順位

お金のことは何とかなる、となったら実際に引っ越すイメージをしましょう!

ふたりで新しく賃貸契約をする場合には、どんな間取りがいいのか、条件や優先順位を決めること。おすすめなのが、理想の間取りや条件をリスト化し、理想から絶対に譲れないことをピックアップしていくという方法。

間取り(人気は2LDK)、家賃、エリア、駅からの徒歩時間、築年数、必要な設備、日当たり……このあたりの基本的なことはふたりの中で共通認識を持っておきましょう。

新居への希望条件が決まっていないと、探す時にも効率が悪くなります。良い物件はすぐに決まってしまうので、最初に条件を確定させておくことで良い物件に出会ったときに、「ほかにもいいところがあるかも」と躊躇せずに契約することができます。

4.不要なものの断捨離

そして同棲をすることが確定したら、不要なものの断捨離を始めましょう。

いつか着ようと思っていたけれど1年以上来なかった洋服や、思い出の品、プレゼントなど不要なものをあらかじめ捨てておくことによって、余計な引っ越し費用をかけなくて済みます。

一緒に住むことで彼に見られたくないものは、早めに処分しておきましょう。特に元恋人からのプレゼントや写真は、実家に送ったり倉庫などをレンタルして保存したりして、きちんと対策しておきましょう。後から揉め事の原因になると面倒です。

5.お互いが持ち寄る家具家電

お互いに一人暮らしをしている場合には、どちらの家から何を持っていくかを断捨離と並行して進めましょう。

ベッドや冷蔵庫、洗濯機などは、どちらかのものひとつで十分ですよね。持って行かないものに関しては、ネットで中古を売ったり、リサイクルショップに持っていったり、ゴミの日に捨てておいたり、日程に余裕を持って対応できるようにしたいところです。 


同棲を考え始めたカップルが、するべき行動を順番にご紹介しました!

カップルが生活を共にするということは、楽しいばかりではないこともあります。あらかじめ様々なことを同棲に向けて準備をしておくことによって、気持ちに余裕を持ってスタートすることができますよ。素敵な同棲生活が始まるといいですね!

▼あわせて読みたい記事はこちら

あなたにオススメ記事

関連記事

ページ上部へ戻る