デートが月イチしかできないときでも、ラブラブな関係を続けるコツって?

hean-prinsloo-1093819-unsplash

彼氏が忙しくて、月に一回くらいしかデートする時間がない。連絡はとっているけど、寂しいしほかの女性に目が向かないか不安……。なんてときもありますよね。

離れているときでもラブラブでいるためには、連絡を工夫してみましょう。どんなコツがあるか、ご紹介します。

「次のデート」は期限をつける

jazmin-quaynor-392995-unsplash

「早く会いたいね」「次に会うのが楽しみ」など、前向きな言葉で気持ちを伝え合うのは元気が出るし彼氏も恋心が募ります。

もう一歩「早くデートしたい」と思ってもらうには、「○○でこんなことやるんだって!次のデートで行こうよ」と具体的な場所やイベントを出して男性の中に「期限」を作りましょう

もちろん、日程によっては無理なときもあるかもしれませんが、大事なのは「彼女が自分と行きたがっていること」。場所が決まっていればプランで悩むこともないし、彼氏の「連れていってあげたい」気持ちを引き出せます。

自撮りの動画を送る

kinga-cichewicz-556525-unsplash

離れているときは、自分で作ったご飯の写真などを送って「一緒に食べたいな」と甘えてみるのも彼氏の愛情を刺激する良い方法です。

写真もいいけど、たまには自分を撮った動画を送ってみると、リアルな彼女の様子に男性の目が奪われます。「新しいパックを買ったんだ」と貼っている顔などを出すと、思わず吹き出してしまうような愛らしさを感じることも。

お風呂に入っている様子など、あまりアダルトな雰囲気のものは逆に引かれることがあるので、それより自然体で過ごす姿を見せることがより男性に「会いたい」と思わせると心得ましょう。

彼氏の好きなものを用意する

court-prather-431861-unsplash

写真を送るなら、たとえば「あなたの好きなチョコレート、期間限定のやつを見つけたよ!」とパッケージを送ってみるのも彼氏が嬉しくなる連絡です。

離れていても自分を思い出してくれる彼女の存在は、男性にとって大きな自信。「待っていてくれる」実感は、彼女を大切にしようという愛情につながります。

普段から彼の好みをチェックしておきましょう。次に会ったときをさらに盛り上げてくれるアイテムを用意しておくのも、彼氏の気持ちを離さないコツのひとつです。


会えない時間が続くと、どうしてもネガティブな思いにとらわれがちですが、デートできないことを攻められると男性は余計に会いたい気持ちがしぼんでしまいます。

彼氏の愛情を信じ、私も早く一緒に過ごしたいという思いをいろいろな形で伝えることが、彼氏の関心を引きつけておくポイントだと思いましょう。

▼あわせて読みたい記事はこちら

あなたにオススメ記事

関連記事

ページ上部へ戻る