またかよ!彼氏がウンザリする彼女の会話とは?

elizabeth-tsung-194530-unsplash

彼女と一緒にいる時間を楽しく過ごしたいのに、彼女が何気なく発している言葉によって彼が「またその発言……」とウンザリしてしまうことがあります。無意識のうちに口癖になっていると、自分が発したことすら気づかないことも。

男性がウンザリしてしまうのは、彼女のどんな発言なのでしょうか?

オチがなく話がどんどん変わる

彼が真剣に話を聞いていたのに話のオチがなく、「何の話だったの?」と思ったら、「ていうかさ」「でもさ」とまた話がどんどん切り替わっていくことはありませんか?それ、彼は話を聞くことに疲れてしまいます……。

「ていうかさ」「でもさ」という発言自体、上から目線で偉そうな印象を相手に与えます。

話にオチがない場合には、「ただ聞いてほしいだけなんだけど」と前置きし、話が切り替わる時には「話は変わるんだけど」と伝えると親切です。

男性は話がどんどん飛んでいく女性ならではの話し方が苦手で、その会話のやり取りに知性を感じません。

口を挟みたくなって質問をしたくなり、話の腰を折ってしまいたくなるのもわかりますが、彼に何を伝えたくて話しているかを考えてから話しましょう。考えていることがそのまま口から出るような話し方は、聞き手を疲れさせます。

「ウケる」で済ます

彼の話が面白いと感じた時に「ウケる」で話を済ませてしまう……口癖のように言ってしまっている人もいるのではないでしょうか?「ウケる」と言われても、「本当にウケてるの?」と彼は感じてしまいます

一言で済ましてしまうと、それ以上の感想がないようにも思われてしまいます。せめて「面白いね」「すごいね」「信じられないね」などの感情の動きを伝えるようにする方がいいでしょう。

気にならないとすぐに拗ねる

彼と話していて意見や考えが合わない場合に、感情的になって「もういいよ!」と拗ねたり怒ったりするとその件に関して話が進まなくなります。

付き合い始めなら、彼も拗ねている彼女の顔が可愛いと思ってくれるかもしれませんが……それが何度も続くと「またかよ」と思われてしまいます。

感情的になった時に拗ねて話を打ち切りにするのではなく、「その件はあとでもう少し考えてから、話すのでもいい?」と促すといいでしょう。

また不満に思うところや意見が異なる場合には、あなたの感情や意見を主張するのではなく、なぜ彼がそう思うに至ったのかという理由を聞くようにすると、理解が深まります。感情的になることで物事を解決するのではなく、話し合いによって理解し合える大人の話し合いをしましょう。

「言ったじゃん」と上から目線で言う

彼がミスをした時などにそれを責めるような口調で「だから言ったじゃん」と言われると、彼は頭にきてしまいます。仮に彼女の言っていることが正論だったとわかっていても、男のプライドや彼女からの上から目線な態度でその失敗を認められなくなってしまいます。

「だから言ったじゃん」と言われて、「そうだね、君の言う通りだったよ」と言ってくれる男性はかなり精神的に大人だと思っていいでしょう。彼女が優位に立ちたいという気持ちを察してくれているのです。ですが、そんな男性なかなかいませんよね?

あなたの言うとおりにしなかったことによって起きたミスがあったとしても、すぐに責めるようなことはせずに、そっと見守る優しさを持ちたいところ。何を言わないけれど、温かく見守ってくれた彼女に対して、彼は「彼女の言う通りだった」と思うかもしれません。


彼女と一緒にいて「またかよ」と感じるのは、彼が話したい内容がうまく進まない時や、彼女が子供っぽい対応をしてきたり、感情的になったり、思いやりに欠ける行動をしてくる時です。

気持ちが高ぶってしまう時もあるかもしれませんが、相手がどんなふうに感じるのかを少し想像してから発言や行動を起こすのでも遅くはありませんよ。

あなたにオススメ記事

関連記事

ページ上部へ戻る