ふたりできちんと考えておこう!結婚生活の心構え6つ

Our happily ever after starts now

念願の大好きな彼との結婚♡ 今は幸せな気持ちでいっぱいですよね! ですが、幸せと同時に不安な気持ちもありませんか? 彼とカップルでいる関係と、夫婦として家庭を築いていく関係、このふたつがどう違うのかわからない人もきっと多いハズ。それに加えて「結婚生活をふたりでやっていけるのかな……」という不安も。そこで今回は、「これを意識すれば安心!」という、結婚生活における6つの心構えを紹介します。結婚前にふたりできちんと考えておけば、自然と不安が解消していくでしょう。

①ふたり(=家族)の時間をキープする方法を考えておく

Chilled hubby and wifey vibes結婚をすると、カップルではなく“家族として”ひとつの家庭を気付いていく関係になります。そして、これまで週に1~2回会えるだけでよかった相手と、ほぼ毎日顔を合わせることにもなります。毎日一緒に過ごすことで、顔を合わせることに対する特別感がなくなり相手を思いやる気持ちが減ってしまったり、「もう家族だから」と仕事や友達などを優先してふたりの時間が減ったりする夫婦がいるのも事実。すれ違い生活が始まってしまう前に「どうやってふたりで過ごす時間を作るのか」を決めておきましょう♡ 共通の趣味があればそれを楽しめるかも知れません。毎週ふたりで夕食を取る日にちや曜日を決めておくのもオススメです。お互いの仕事やライフスタイルが異なるカップルは、特に話し合いをしておきましょう。

②「傷ついた」「やめてほしい」はハッキリ伝える

Couple having problems in relationship彼から言われて傷ついたひと言や、されて嫌だったことはありますか? それを彼に伝えずにそのままにしているのなら、結婚生活に黄色信号! 不満を飲み込んで我慢していると、イライラが自身の心に蓄積されます。そのイライラは何か嫌なことがある度に思い出され、やがて限界になって爆発するのです。しかし彼は「いつもは怒らないのに、なんで今日はこんなに怒っちゃったの?」状態に陥るだけ。気になったことは、その都度きちんと相手に伝えなければいけません。そしてそれはお互い様であると、心得ておきましょう。問題をひとつずつ解決しながら前向きになれる時間を積み重ねていく、それが夫婦円満な結婚生活への道なのです♡

③義理の両親や親戚の話はオープンに

Happy Thanksgiving Day結婚すると家族や親族が一気に増えることになります。産まれてきてからずっと一緒に生活を共にしてきた家族や慣れ親しんだ間柄の親族……、その中に突然、あなたや彼が“身内”として繋がりを持つのです。そのため、いいことも悪いことも事前にオープンにしておいた方が後々のトラブルを避けることになるでしょう。特にお金に関わる話などは、デリケートな問題とはいえかなり重要です。隠していると何か問題になって表面に出てきたときにすごく揉めてしまうことも……! また、大病を患わっている家族がいてサポートが必要な場合なども、自分たち夫婦の生活に関わりそうな話ですよね。自分自身の話と同じくらいに、親戚事情は包み隠さず話すようにして、彼側の話も同様に知っておきましょう。

④家事ルールを決めて、やることを明確に

Charming beautiful couple in love making the bed together and having fun.結婚したあと、あなたは仕事を辞めますか? 共働き夫婦の割合は年々増えており、結婚後もフルタイム勤務する、という女性も多いと思います。そんなカップルは一緒に住んだときの家事ルールを、結婚前に決めておくのが◎。また、働く時間が彼より少ない女性や専業主婦の人でも、毎日家事をすべてしていたら心と体に負担がかかってしまうもの。子どもを望んでいるふたりなら尚更です。仕事とのバランスを考えながら、彼にもちょっとした家事を担当してもらうように、あらかじめお願いしていた方が、先々ストレスのない結婚生活を送れますよ♡

⑤上下関係のない対等な立場にする

Shot of a young couple sharing an intimate moment in their bedroom.夫婦円満のためには、お互いが対等な関係でいることが一番! 例えほんの少しの上下関係であても、それが毎日積み重なることのストレスははかり知れません。また将来的な“モラハラ”の始まりになってしまう可能性も秘めています。長い結婚生活、どちらかが相手を抑えつけたり縛りつけるような愛情表現はやめて、お互いを思いやり、のびのびと自分らしくいられる環境を心がけていきましょう。

⑥夫婦としての連絡ルールを決める

Anything she needs, her phone's got her covered愛を育んできたお付き合い期間中には、連絡方法や頻度などのルールはありましたか? しっかり「毎日必ず連絡する」と決めていたカップルもいれば、「仕事終わりに連絡していたなぁ」と、なんとなくルールがあったカップルもいるでしょう。しかし結婚をして夫婦となれば、カップルのときとはまた違った連絡の必要性が出てくるはずです。夫婦としても毎日頻繁に連絡をしたい人もいれば、「毎日一緒に生活しているんだから、そんなに連絡しなくていい」という人もいます。逆に今まであまり連絡を取り合わなかったカップルは、一緒に生活するとなったら晩御飯の有り無しや、出かけることなどを共有しておかないとどちらかが困ってしまいますよね。お互いの心がズレてしまう原因にもなりかねないので、結婚生活が始まる前に彼と軽くでもいいので、連絡頻度について話をしておきましょう。


カップルと夫婦……、似ているようで実はまったく違う関係。幸せな気分の中にも、心のどこかにひそむ結婚生活への不安。その現実をお互いに理解し合って、しっかり心構えをしておけば、乗り越えられる問題は案外多いものですよ。まずはこの6つを確認することで、精神的な負担を少しでも減らしましょう。彼と一緒に夫婦としての道を歩んでいってくださいね♡

▼あわせて読みたい記事はこちら

あなたにオススメ記事

関連記事

ページ上部へ戻る