新婚なのにイライラ!結婚生活にありがちな不満と解決法

beautiful-beauty-casual-698876

大好きな彼と結婚して夫婦になり、素敵な生活が待っていると思いきや、結婚後、女性が夫にイライラしてしまうことがあります。

どんなことでイライラしてしまうのでしょうか?多くの妻がイライラしやすいポイントと対処法をまとめてみました。

問題:夫が部屋を汚す

apple-coffee-couch-6666 (1)

男性に多いのが、脱いだ服を置きっぱなしにして自分で片付けようとしなかったり、使った物を出しっぱなしにしたり、片付けに非協力的であること。せっかくきれいな部屋作りをしているのに、これではいくら片付けても、終わりが見えませんよね。

対策①居場所を決める

夫が服や物を脱いだり、置きっぱなしにする場合には、決まった場所に収納しておくように伝えましょう

例えば洗濯ものは洗濯カゴの中、よく使うものはカゴの中に収納するなど、ふたりで定位置を決めるようにします。「ちゃんとここに片付けて!」と一方的に言うよりも、きちんとふたりで話すことが大切なのです!

毎回引き出しの中に収納するという一手間があると、男性は片付けることを面倒くさがってしまう傾向があります。箱やカゴの中に入れるだけの収納を目指しましょう。とりあえず決まった場所に放り込んでくれるだけで、片付けが楽になります。

対策②貼り紙を貼る

どうしても夫が片付けてくれない場合には、張り紙も効果的です。引き出しを閉めないなら「開けたら閉める」、洗濯物を散らかしっぱなしなら「脱いだら洗濯機」などの張り紙があれば、放置しづらくなります。

お部屋のデザイン性は失われますが、片付けることが習慣化されるまでの我慢です。人間は習慣の生き物ですので、片付けることが癖づいてくれば張り紙を外してももう大丈夫です!

問題:返事をしてくれない

apple-business-casual-7066

結婚してしばらくすると、あなたが話していても返事をしてくれない、話を聞き流してしまう夫もいます。

返事をしても「あー」や「うん」などの生返事になり、女性はイライラしてしまいます。仕事から帰ってきて、今日あった出来事や、相談したいことがあっても、夫がこんな態度では会話をすることすらイライラしてしまいますよね。

対策①夫が今何をしているかを見る

男性は複数のことを並行して行動するのが苦手です。

例えばテレビを見ながら話をしたり、本を読みながらおしゃべりをする等の事ができません。夫が今何をしているのかを確認してから、話しかけるようにしましょう。黙って携帯を見ていても、何か考え事をしている場合もあります。

あなたが夫に相談したいことがあれば、「今ちょっといい?」などと話しかければ、話しかけても良いかどうかを確認することができます。もし「ちょっと待って」と言われたら、夫に気持ちの余裕ができるまで待ってあげるようにしましょう。

他にも、夫が眠そうだったり、疲れ切っていたり、お腹がいっぱいでぼうっとしている時などに話しかけても、考える気力や余裕がない場合もあります。

対策②事前に箇条書きにして送る

どうしても話し合いたいことや重要な事は、LINEやメールで箇条書きにしてあらかじめ夫に伝えてみても良いでしょう。

「あなたと○○の件について相談したいんだけど、先に箇条書きにして送ってもいい?」などと前もって相談しておけば、仕事中でも気持ちの余裕のある時にその件について少し考えてくれます。

唐突に相談を持ちかけられても、すぐに答えが出るとは限りません。夫がどんな心理状態や立場に置かれているかを考えてから行動するようにしましょう。

対策③前置きをする

もし腹立たしいことや嫌なことが起こったとき、とりあえず話を聞いてほしいときには前置きをするようにしましょう。

「ただ話を聞いてほしいんだけど」と前置きをしてから話すと、彼は彼女の話を聞けばいいのだとわかります。

男性は「結果的にあなたがどうしたいのか?」という事をとても重要視しています。あなたの力になりたいと思っているからこそ、「ただ近況報告をしたい」「なんとなくダラダラ話したい」だけでも、あなたがどうしたいのかがわからないのです。


彼もあなたもお互いに常に優しくすることができたら良いのですが、長い結婚生活の中で、常にベストな心理状態にしておくのは難しいです。

あなたがイライラしてしまうのは、あなたが求めているような行動をしてくれないからでしょう。「なんでそんなことするの!」とイライラするのではなく、「なぜ彼があなたの求めている行動を起こしてくれないのか?」と考えを切り替えてみましょう。

あなたにはあなたの言い分があるように、彼にも彼の言い分があります。重要なのは、あなたの欲求を満たしてくれるように行動することではなく、ふたりがより良い関係を築くためにどうすればいいか、と考えることですよ♡

▼あわせて読みたい記事はこちら

あなたにオススメ記事

関連記事

ページ上部へ戻る