イタリア人と結婚しちゃいました♡#10~欧州レディと日本レディの美に対する違いが正反対すぎて驚き!~

美に対する違い

Ciao!!イタリア人を旦那に持つ新妻ライターのDiGio(ディジョ)です。

今私が住んでいるイギリスではもちろん節分の日も何もなく、毎日5℃前後の寒い日が淡々と続いていて刺激のない今日このごろです。

そう考えると、日本はお正月・節分・ひな祭り・端午の節句…と行事があることで季節の移り変わりを楽しむことができるのでしょうね。

ではでは、今日は「ヨーロッパと日本の美に対する違い~女性編~」について投稿したいと思います!

日本とはちょっと違うヨーロッパ人の美学!私が思う3つのことをご紹介します♫

yqbkaf1kecm-freestocks-org

①日焼けをした小麦色の肌!

日本では美白を意識する女性が多く、日光浴なんてもってのほか!と思っている女性も多いようですが、ヨーロッパでは少し事情が違います。

特に日照時間の少ない北のヨーロッパでは綺麗に日焼けをした小麦色の肌の女性が人気で、あまりに肌の白い女性は不健康に見えて好きではない男性も少なくないのです。

その感覚は男性に対しても同じなようで、夏になると少しでも日光を浴びようとヨーロッパの人は海に出かけたり、公園で水着になって少しでも小麦色の肌を手に入れようと日光浴をしている光景を見かけます。

日本では男性でも日焼け止めを塗っている時代ですから、正反対ですよね。

私も2年前の夏、日焼け止めをしていたにも関わらずイタリアの旅行や海でかなり肌を焼いてしまったことがあり、結構落ち込んでいたのですが、その日焼けをしてからは「DiGioの肌最高!そのままがいいよ!」とイタリア人からの評判がよく、ちょっと複雑な気持ちになりました・・・

う~ん、でもやっぱり私は白い肌の方が好きだな~!!!

gpxmrwz_hja-tatiana-nino

②健康的な肉体!

ヨーロッパではよくジムに通う若者を多く見かけます。

最初は食生活で太った体を改善したいから通っている人が多いのかと思っていましたが、どうやら、若者たちダイエットというよりも筋肉をつけたいからジムに通っているようなのです!!

というのも、日本ではよくシシャモのように足の細い女の子を見かけたりしますが、ヨーロッパではそれはむしろ不健康に見えて、拒食症なのかと間違えてしまうとのこと。

ヨーロッパの女性は体型が太いとか細いとかよりも、程よく筋肉がついた健康的な肉体に美を感じているようです!!

kfcdflbu6za-christopher-campbell

③大きな(高い)鼻は嫌い!!

日本人から見ると、ヨーロッパ人の鼻は高くて大きく、その堀の深い美しい顔の一部として羨ましく思う部分の1つでもありますが、ヨーロッパの人からするとそれをコンプレックスに思っている人もいるようです。

私は日本人の鼻を持っているので、ヨーロッパ人からするとかなり小さく見えますが、むしろその小さい鼻が羨ましいと言われたことがあります。

どうやら彼らからすると、あまりに鼻が大きいと目立ちすぎてコンプレックスと感じるらしく、あえて鼻を小さくしたり、鼻を低くする美容整形を受ける人も少なくないそうです。

そんなに小さくしたいなら、こちらに半分ほど分けてほしいですけどね・・・!(笑)

beautiful-1869116_640

どうでしたか?知らないこともあったでしょうか?国も違えば美学も変わるもんですね。

特に日本とは真逆な価値観に、私も最初は驚いていました!

次回は「最近のDiGioと旦那の生活~その①~」をお送りしたいと思います。

実際の私と旦那の生活を皆さんに少しでも楽しんで知ってもらえたらなと思いますので、また次回も読んでくださると嬉しいです~♪では!♡

あなたにオススメ記事

関連記事

ページ上部へ戻る