喧嘩の仲直りはこのタイミングで!彼氏が受け入れやすいのは「頭が冷えたとき」

caleb-frith-129986-unsplash

彼氏と喧嘩してしまい、仲直りの連絡がしたいけどいつが良いのかわからない。彼氏がどう思っているのかわからないと、うかつにLINEもできないし時間ばかりが過ぎてしまいますね。

仲直りは、彼氏が冷静になっているときがベストなタイミング。焦って余計にこじらせないためには、いつ連絡するのが良いかお話します。

怒りがあるうちは言葉が届かない

ian-dooley-1101122-unsplash

たとえば、彼氏が残業続きで会える日が減り、「電話するから」と言ってもなかなか連絡してくれないことで喧嘩になってしまった。「1分でも話せたら嬉しいのに」と寂しい気持ちをぶつけても、責められた彼氏は「俺だって疲れているんだよ」と聞いてくれず、気まずいままその日は終わってしまう。

こうなると、ただでさえ会えないのにますますふたりの距離が開いてしまいます。ですが、仲直りがしたいと思っても、彼氏がどんな状態なのかわからないと不安になりますよね。

どんな原因であれ、彼氏の頭に血がのぼっている間は何を言っても届きません。彼女のほうが悪いときでも、「ごめんなさい」と言われても素直に受け取ることができず、ネガティブな気持ちが深くなるなんてこともあります。

仲直りを考えるときは、まず彼氏の心が落ち着くのを待ちましょう

喧嘩した翌日より、2~3日空けて連絡する

taylor-grote-347601-unsplash

仕事をしている人であれば、喧嘩した翌日も会社に行くと思います。そうやって日常のペースを取り戻していくと、彼女と喧嘩して大きく動いていた心も少しずつ冷静になってきます

時間を空けることは、喧嘩の原因を見つめるためにも有効です。「すぐに謝らないと嫌われてしまう」と焦って次の日に連絡してしまうと、彼氏がまだ気持ちの整理がついておらず、邪険な態度を取るしかないなんてことも。

頭が冷えていく過程で、「電話するって言いながらしなかった俺も悪かったな」など、自分を振り返る余裕が出てきます。彼女に責められたことはつらいけど、よほど一方的でなければ自分にも非があることを認められるはずです。

「寂しいって言っていたな」と彼女の姿を思い出し、どうして喧嘩になったかがわかれば、彼氏の怒りも消えていきます。この状態にならないと仲直りはスムーズにいきません。彼氏にも落ち着く時間が必要であることを、忘れないでくださいね。

男性からは連絡しづらい

chad-madden-445638-unsplash (1)

頭が冷えて「彼女と話さなくては」と思っても、なかなか連絡しづらいのが男性の本音

彼女がまだ怒っていたらどう向き合えば良いかわからず、また「別れようと言われたらどうしよう」と不安になるのは男性も同じです。

「アイツが悪いんだから」と意地になっても、彼女の状態を心配する気持ちは消えません。そんなときに、彼女のほうから連絡があれば仲直りしやすく、「俺も悪かった」と謝ることができます。

彼氏からの連絡を待つより、時間を空けて自分から「話し合いたい」と言葉をかけること。喧嘩になっても向き合おうとする彼女の気持ちがわかれば、彼氏の心も前向きに動きます。


喧嘩することは悲しいしストレスにもなりますが、気持ちがぶつかり合うのは決して悪いことではありません。

お互いのことをより深く理解する機会と考えて、まず自分自身が冷静になるようにつとめましょう。スムーズな仲直りは、まず自分が心を開くことが大切です。

▼あわせて読みたい記事はこちら

あなたにオススメ記事

関連記事

ページ上部へ戻る