「仲直りしたいけど、自分から言い出せない」男性の本音を聞いてみた

Man sitting on his bed

彼女とケンカしてしまい、謝りたくても自分からはなかなか切り出せない。彼女から歩み寄ってきてくれたのに素直に向き合えない。……彼女からすれば「どうして素直になってくれないの?」と思いますが、男性にとってケンカのストレスは重く、気持ちの切り替えがうまくいかないようです。そんな男性たちはどんなことを考えているのか、本音を聞いてみました。

「彼女と気まずくなった」現実から逃げ出したい

Everyday stress

「ケンカって、すごく気まずいじゃないですか。あの空気が耐えられないというか……。だったら早く仲直りしろよと言われるのですが、連絡して彼女からどんな返事が来るのかと、想像するだけでしんどくて。早く時間が経ってほしい、彼女の気持ちが落ち着いてほしいと思うばかりで、自分から動けないのは申し訳ないと思います
(28歳/教員)

他人と衝突するのは、決して気持ちのいいことではないですよね。それが身近な存在の彼女なら、余計にストレスを感じます。気まずい現実が嫌なら早く行動して、解決すればいいのにと思いますが、男性がためらうのは「彼女のリアクションがわからない」ことが不安だからです。無視されたらどうしよう、このまま別れ話をされたらどうしようなど、彼女がネガティブなことを考えているのが怖くて連絡できないのですね。仲直りを彼女任せにしたいわけではないけれど、自分から言い出す勇気が持てなくてもたもたしてしまうのが男性側の事情です。

「許したら男らしくない」と思ってしまうLonely and spiritless man is sitting in his bedroom looking at sunset with smartphone on his hand.

「彼女が原因でケンカになったとき、ちゃんと謝ってくれるのですが、それを受け入れることに抵抗があって。『謝られても俺のストレスは消えない』って言って泣かれたこともあります。別れたいわけじゃないし謝ってくれた彼女には感謝もしているのに、どこかで『簡単に許すのは男らしくない』って思ってしまうんですよね。でも俺がいつまでも不機嫌なのを見て、彼女に『別れてほしい』と言われてしまい……。これじゃダメだなと思っています」
(30歳/営業)

こちらの男性の場合は、ズバリ「彼女から与えられたストレスを許せない」のが謝罪を受け入れられない理由です。「男らしくない」などでごまかしても、その本音は、許すことで自分のイライラを帳消しに“しなければいけない”のが嫌なのですね。ですが、それではいつまでも仲直りはできないし、謝った彼女にとっては「許してくれないなら別れたい」と考えるのは当然です。そこまで事態が進まなければ彼女の気持ちを受け入れられないのは、男性の意地なのかもしれません。

相手に原因のあるケンカで一方的なストレスを受けるのは確かにつらいですが、そこにこだわるより、まずは謝ってくれた彼女の気持ちと向き合うこと。この一歩を踏み出してほしいなと思います。


好きな人とのケンカは、誰にとっても悲しいことです。男性の場合、そのストレスにうまく対応できないのが仲直りを言い出せない原因。彼女からの謝罪を受け止められないのも、プライドが邪魔をするからです。彼氏がなかなか向き合ってくれないときは、無理に話し合おうとせずにいったん離れて冷静になるのを待ちましょう。仲直りするために心を開くには時間がかかることを、忘れずにいたいですね。

▼あわせて読みたい記事はこちら

あなたにオススメ記事

関連記事

ページ上部へ戻る