【既婚者に聞いた】結婚相手に妥協しなかったこと・妥協してよかったこと 

thomas-curryer-130845-unsplash

結婚するならできる限り自分の理想通りの男性がいいですが、みなさんもおわかりの通り、自分の理想に100%ぴったりと当てはまる男性と出会って結婚する可能性ってかなり低いですよね……。

だからこそ、自分にとって結婚相手の「妥協できないこと」「妥協できること」の線引きをもつのはとても大切です。しかし、そう簡単に妥協できないこと・できることの判断をするのは難しいですよね。そこで今回は既婚者の方々に「結婚に妥協しなかったこと・妥協してよかったこと」を聞いてみました

結婚で妥協しなかったこと

freestocks-org-83034-unsplash

1.収入(20代/夫婦歴3年)
「収入はすごく大切だと思う。旦那さんの収入によって生活スタイルが決まるものだし、自分の人生も変わってくる。今は生活にも余裕があるし貯金もできているので、先々何かあったときのための準備も万全。やっぱり妥協しなくてよかったと思う」

2.ライフスタイルの考え方(30代/夫婦歴10年)
「子どもが産まれてもずっと正社員としてバリバリ仕事をしていきたいと考えていたので、それを理解してくれる人ではないと結婚はしないと決めていました。おかげで子どもが2人いる今も仕事ができて、毎日が充実しています」

3.金銭感覚(40代/夫婦歴14年)
「金銭感覚については妥協しなかった。たとえ収入があったとしてもそれをギャンブルや趣味に使い果たされてしまえば意味がないし、金銭感覚がズレていると二人が納得する人生設計は立てられないと思う」

4.価値観(20代/夫婦歴5年)
「結婚する前に価値観が違う人と付き合っていたことがあるのですが、考え方が全く違うから1つのことを決めるのが大変だった。なので、価値観が似ているという条件は妥協しませんでした。価値観が似ているとケンカも早めに収束するし1言えば10理解してくれので安心感が違う!」

「妥協しないこと」を決められる女性は、自分の生き方の「核」となる部分をもっているということかもしれません。
もしあなたが「妥協しないこと」をどう決めたらいいのかわからないときは、自分にとって大切なことを一度ノートに書いてみてください。そうすることであなたにとって「妥協したくないこと」が見えてくるはず。

結婚で妥協してよかったこと

jose-chomali-60162-unsplash

1.顔(30代/夫婦歴10年)
「結婚生活においてさほど顔は重要じゃないので、妥協しても問題ないと思う。最初は気になることもあるかもしれないけど、10年以上結婚生活を続けている夫婦で旦那の顔について話す奥さんなんて見たことがないです」

2.学歴(30代/夫婦歴6年)
「旦那さんより私のほうが高学歴なので結婚当初は『妥協』でしたが、今ではパート勤めの私より稼ぎもよく、気がついたら『妥協した』とも思わなくなっていました」

3.相手の家族と馬が合わない(40代/夫婦歴23年)
「旦那の家族と馬が合わなかった。なので、遠くに引っ越しました。そうすれば会うのも年に数回なので、たまに言われる嫌味も我慢できる!」

4.収入(30代/夫婦歴11年)
「結婚した当初、夫は転職したばかりで収入が少なったのですが、共働きすることで妥協しました。今もさほど多くはありませんが、二人で協力すればどうにかなります」

たとえ結婚当初は「妥協した」と思っていたことだとしても、長く結婚生活を続けていくなかで「妥協した」とは思わなくなっていたという意見がとても多かったです。
大切なのは、自分が「いつかは妥協できるだろう」と見極めることと、結婚生活のなかで二人が協力し合うことで「妥協」という考えを変えていくということかもしれませんね。


いかがでしたか? 結婚は自分自身の人生を大きく変えるものです。結婚することで自分の人生をより豊かなものにするためにも、結婚したあとにどう自分自身が生きていきたいのかを一度考えてみてください。

「好き」という気持ちがあれば妥協できることなのか、二人が協力しあえば妥協ではなくなるのか、冷静に判断することも必要かもしれません。

▼あわせて読みたい記事はこちら

あなたにオススメ記事

関連記事

ページ上部へ戻る